漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~耳鳴り~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~耳鳴り~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「耳鳴り」2016/9/14放送分

牟田さん)おはようございます。来週の月曜日は敬老の日ですね。一年に一度の機会です。おじいちゃんおばあちゃんに、普段は言えない感謝の気持ちや体を気遣う言葉を贈られてはいかがでしょうか?早速ですが、今日のテーマを教えてください。


千代樵)はい、今日のテーマは「耳なり」です。夏から秋へ季節が移り変わるこの時期は、耳鳴りを急に発症したり症状が悪化したりするなどの傾向がみられます。


阿部さん)そうなんですね、そもそも「耳鳴り」は一体何が原因なんでしょう?


千代樵)はい、漢方の考え方には「気・血・水」というものがあり、「耳鳴り」は体の水分バランスが悪い状態が原因で起こると考えられています。


牟田さん)なるほど、その「耳鳴り」が季節の変わり目に発症しやすいのはなぜですか?


千代樵)はい、季節の変わり目である秋は、気温が下がるので体表が冷えて汗腺が閉じてしまい水分の代謝が悪くなってしまうんです。


阿部さん)それで体に余分な水分が溜まり「耳鳴り」を発症しやすくなるわけですね。


千代樵)そうですね、また雨が続く日や台風が近づくと症状が重くなる場合もあります。


牟田さん)それは辛いですね。「耳鳴り」にはどんな漢方がお勧めなんですか?


千代樵)はい、漢方で「耳鳴り」は水の異常が原因ですので、それを整える漢方薬がお勧めです。代表的なものだと「八味地黄丸」や「牛車腎気丸」、「苓桂朮甘湯」、「釣藤散」、「五苓散」などがあります。


阿部さん)種類がたくさんありますね~、処方はどのような基準でされているのですか?


千代樵)漢方の処方は患者さんの体質や体力を見ながら行います。「四診」といって、漢方では一見「耳鳴り」の症状と関係ないような事を伺うこともありますが、これは処方のためにとても大切です。


阿部さん)なるほど。


千代樵)少し話は戻りますが、体の中の「水」のバランスが悪いという事は、たいてい「血の巡り」も悪くなっているので、「耳なり」の改善のために血流をよくする漢方薬を一緒に出すこともあります。


牟田さん)漢方を組み合わせることもあるわけですね。


千代樵)はい。漢方を組み合わせる事で体全体の調子を整え、耳鳴りの症状を改善へ導きますので「耳鳴り」以外の頭痛や肩こりといった不調も同時に和らげます。


阿部さん)漢方ならではの魅力ですね!


千代樵)はい、最近ではストレスから「耳鳴り」で悩む方も増えています。この場合は、聴力が急激に低下したり、気分によって耳鳴りが出たり出なかったりするケースが見られます。


牟田さん)ストレスからくる「耳鳴り」にはどのような漢方がおすすめですか?


千代樵)はい、代表薬なものには「抑肝散」や「釣藤散」などがありますが、まずはストレスがたまらない方法を模索し、その根本を絶つ努力も重要です。


阿部さん)「漢方みず堂」では、そういったアドバイスも頂けるんですよね?


千代樵)はい、カウンセリングを通して生活習慣改善のアドバイスもさせて頂きますので、「耳鳴り」でお悩みの方は是非一度ご相談にお越しください。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・阿部さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
300回を超える長寿番組です!ありがとうございます!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。