漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~夏バテ~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~夏バテ~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「夏バテ」2016/9/7放送分

牟田さん)新学期が始まりました。子供たちが楽しそうに登校している姿をみるとなんだかこちらまで元気になりますね!まだまだ暑さが残る9月ですが今月も元気に乗り切りましょう!早速ですが、今日のテーマを教えてください。


千代樵)はい、今日のテーマは「夏バテ」です。「夏バテ」とはいわゆる「暑さ負け」のことで、夏から秋口にかけて食欲の低下や疲労感を感じる状態の事をいいます。


阿部さん)漢方では「夏バテ」をどのように考えるのですか?


千代樵)はい、漢方には「気・血・水」という考え方があり、「気」は体を巡るエネルギー、「血」は血液やホルモン、「水」は体にある水分の事を指しています。「夏バテ」の場合はこの中の「気」と「水」のバランスが


崩れてしまった状態であると考えられます。 


牟田さん)そうなると、体にはどんな影響があるのでしょうか?


千代樵)はい、胃腸の機能が低下して、疲れやすくなりいわゆる「夏バテ」の様々な症状が体に現れます。このような状態を漢方では「水毒」「気虚」と言います。


阿部さん)なるほど~。ということは、胃腸の働きを整える必要がありそうですね!おすすめの漢方はありますか?


千代樵)はい、胃腸の状態が優れない場合は「六君子湯」などがおすすめです。また、エアコンで体が冷えて下痢などの症状があるような場合は、「人参湯」などが用いられることもあります。また、「夏バテ」に効果が期待できる代表的な漢方としては「清暑益気湯」や「補中益気湯」などもあります。


牟田さん)代表的な漢方である「清暑益気湯」や「補中益気湯」はどのような効果が期待できるのでしょうか?


千代樵)これらは、体にこもった熱をとり除き、食欲を改善することで、体力をつけ「夏バテ」に伴う様々な症状の改善が期待できます。


阿部さん)漢方で胃腸の調子を整えることが「夏バテ」の症状を解消することにつながるわけですね!


千代樵)はい、漢方は栄養ドリンクのように薬そのものがエネルギー源になるわけではなく、胃腸の調子を整えることで、栄養をしっかり吸収し「夏バテ」の症状を改善していくんです。


阿部さん)漢方でからだ本来が持つ力を引き出すわけですね!


千代樵)そうですね。また「夏バテ」の改善には漢方の服用だけでなく、日常生活の工夫も大切です。


牟田さん)そのポイントをぜひ教えてください!


千代樵)はい、大切なのは、冷たい飲み物や食べ物の取りすぎないことです。飲み物もなるべく常温にして、胃腸を冷やさないように心掛けてください。


阿部さん)わかりました。他に注意することはありますか?


千代樵)そうですね、暑い時は疲れたら無理をしない、睡眠をしっかりとることも大事です。また食事ではサラダなどではなく、野菜でも火を通したものを食べること、そして旬のものを中心に食べる事をお薦めします。豚肉はビタミン、たんぱく質など多く含まれるのでメニューを考えるときにぜひ、取り入れてみて下さい。


阿部さん)まだまだ暑い日が続きますから、今日教えて頂いたポイントをしっかり押さえて「夏バテ」に負けないようにしたいですね!


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・阿部さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
300回を超える長寿番組です!ありがとうございます!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。