漢方よもやま話

8月の旬の食材(2016)

カテゴリー:食養生
8月の食養生
たくさん汗をかき、生命のエネルギーである「気」を消耗する8月は食欲が落ちたりなど体の不調が出てくる頃です。湿度の高いことや、冷房の使いすぎにより上手に汗を発散することができず、体内に余分な水分が留まりやすくなります。夏野菜などを使って体内の余分な熱を取り除き、必要な水分を補い、不必要な水分を排泄させましょう!
8月の旬の食材と薬膳解説

ズッキーニ:寒性


カリウムが豊富に含まれています。カリウムは体内に取り入れた余計な塩分の排泄を促す働きがあります。また、ビタミンCやβカロテン、ビタミンB群も含まれていますので、暑さで疲れが溜まった時の疲労回復や、肌荒れ、体の健康維持に効果的です。


生姜:温性


香り成分・シオネールは食欲増進・疲労回復・夏バテ解消に役立ちます。また、ショウガオールには新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。生のまま摂取するより、乾燥させたものを加熱調理することでより体を温める効果が大きくなるので生姜湯やお味噌汁に入れたりするのがお勧めです。


オクラ:涼性


βカロテンがレタスの約3倍以上含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や視力維持に役立ちます。ぬめり成分は食物繊維で、整腸作用を促し、コレステロールを排出する作用や便秘を防ぐ効果があるのでダイエットなどに効果的です。


ブルーベリー:平性


植物が紫外線から蓄える成分である、アントシアニンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用があります。ビタミンCやビタミンEといった抗酸化パワーの高い成分や亜鉛・マンガンなども含まれています。目への効果だけでなく、アンチエイジングや血液トラブルの改善にも効果的です。


大葉:温性


βカロテンの量は野菜の中でも特に豊富に含まれており、西洋カボチャの約3倍です。そのほかにもビタミンB1・B2・B6、カルシウム、鉄、ビタミンC、マグネシウムなどの栄養素が含まれています。ミネラル類も多く、香り成分は防腐・抗菌作用があります。この働きによって、生魚など痛みやすいものから身体を守ってくれます。


※体を温める性質のものを「温性」、どちらでもないものを「平性」、体をやや冷やす性質のものを「涼性」、体を冷やす性質のものを「寒性」と表記しています。


 


この記事は漢方みず堂暦2016年8月号に掲載されたものです。
漢方みず堂暦は毎月1日に発行し、漢方みず堂各店舗にて無料で配布しております。
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。