漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~産後トラブル・産後うつ~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~産後トラブル・産後うつ~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「産後トラブル・産後うつ」2016/6/15放送分

牟田さん)おはようございます。19日日曜日は父の日ですね。家族のためにお仕事を頑張るお父さんは、自分の体の事はついつい後回しにしてしまう方も多いかもしれません。父の日は、ぜひ感謝の気持ちと体を気遣う言葉を贈ってあげましょう。早速ですが、今日のテーマを教えてください。


千代樵)はい、今日のテーマは「産後トラブル」です。妊娠、出産と大きな仕事を終えた女性の体は極度の消耗状態になり、体力回復がうまくいかないと様々なトラブルに結びつきます。


阿部さん)産後の体の不調は本当によく聞きます。病気とまではいかなくとも、痔や便秘、腰痛などに悩まされる方も多いようですね。

       

千代樵)そうですね、産後トラブルの代表的なものとして、子宮がなかなか元の状態にもどらない「子宮復古不全」や、「産じょく熱」といわれる感染症、そして「マタニティブルー」という「産後うつ」などもあります。


牟田さん)漢方では「産後の状態」をどのように考えるのですか?

        

千代樵)はい、出産は大量の出血を伴うために体力が大きく消耗します。そのような状態を漢方では「気」や「血」が不足する「気虚」、「血虚」ととらえます。特に「マタニティブルー」の場合は、「気」が上手く巡らない状態だと考えられますね。


牟田さん)そのような不調があっても、出産後はすぐに子育てが始まりますし、女性は本当に大変ですね・・


千代樵)はい、産後はとにかく全身の疲労回復が健康のカギとなりますが、ママさんにはゆっくり休む時間はありません。しかし漢方では、そんなママさんのその疲労回復をスムーズにするお手伝いができます。


阿部さん)それは頼もしいですね。どのような漢方がおすすめなのでしょうか?


千代樵)はい、出産後の疲れ具合にもよりますが、代表的なものは「気」を補う「補中益気湯」や「十全大補湯」、「人参養栄湯」などです。


阿部さん)なるほど、元気になるために「気」を補っていくわけですね!ちなみに、先ほどおっしゃっていた子宮がなかなか元の状態に戻らない「子宮復古不全」の場合はいかがですか?


千代樵)はい、このケースは血が停滞しているものと考えられるため、その「お血」を改善する「キュウ帰調血飲」などをお勧めしています。


牟田さん)そのような漢方薬もあるのですね!では「産後うつ」の場合の漢方薬はあるのですか?


千代樵)そうですね。他にも産後うつである「マタニティブルー」の場合は、精神的な疲れから「気」が不足して滞っている状態であると考えられるので、それを改善するために「桂枝加竜骨牡蠣湯」や「補中益気湯」という漢方をお勧めします。


阿部さん)「マタニティブルー」じゃなくても、産後は何かと不安な気持ちになりますから、相談できる場所を見つけておくこともいいかもしれませんね。


千代樵)そうですね。「マタニティブルー」の予防のためには、何もかも自分で抱え込まない環境づくりが大切です。漢方みず堂では一日でも早くママさんの体力が回復するようにプロの目でしっかりとサポートさせいただきます。


牟田さん)プロに聞いてもらえるというのは安心ですね。


阿部さん)では最後に、普段の生活の中で、産後トラブルを防ぐために何かできることがあれば教えてください。


千代樵)そうですね、産後は大量出血のケアが大事ですので、妊娠中と同様に貧血を改善することがポイントです。食事は和食中心で、そして無理しない生活を心掛ける事が大切ですね。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・阿部さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
300回を超える長寿番組です!ありがとうございます!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。