漢方よもやま話

  • 『良いところ、悪いところ、全てを受け入れる』
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

『良いところ、悪いところ、全てを受け入れる』

カテゴリー:漢方コラム
漢方コラム
漢方みず堂の漢方専門相談員が漢方にまつわるお話をしています。
それぞれの個性あるコラムをどうぞお楽しみください。
『良いところ、悪いところ、全てを受け入れる』

あなたは、自分自身の事が好きですか?


大好きという方は実に羨ましい!ですが、なかなか「はい。」と言えない方も多いのではないでしょうか。私も後者のタイプですが、最近チョットずつ好きになってきました。


自分が好きになれなかったところとして、色々考えすぎたり、ついネガティブになったりするところがあります。ネガティブ思考も悩む事も、悪い事ばかりではないと思います。しかし、それに引きずられて日々を過ごしてしまう事は、とてももったいない事だと思います。生きてる時間には限りがあるのに、今という貴重な時間を苦痛で過ごしてしまうなんて!と思い、切り換えを早くするようにはしています。そして言い方を変えれば、慎重派なのです。・・と言い切ってみても、やはり良いイメージにはならないですね。


自分の良い面を外から見るのも大切では?と思い、「私のいい所はどこですか?」と図々しくも上司(社長)に尋ねてみました。答えは「優しいところじゃないの?」と話して下さいました。しかし、嬉しい反面、複雑な思いでした。私は私が優しくない事を知っています。知っているからこそ、人に優しくあろう!と意識しています。自分の事でいっぱいいっぱいになりやすいので、そんな時こそ人のために・・と考えるようにしています。自分の内側に向かい過ぎる意識を外に向ける事でバランスをとっているのかもしれません。人が喜んでくれると私もつられて嬉しくなり元気になれるからという事もあります。 結果的には、優しいという事になりますが、果たして根っからか?と問われると・・難しいですね。こんな風についつい考えてしまう癖は抜けません。


でも、こんな厄介なところも含めて私なのです。


漢方では陰陽という考え方があります、どちらが良い悪いという事ではなく、陰があるから陽がある、陽があるから陰がある。プラスやマイナスで考えたり・・でも、どちらも私を構成してくれる大切な要素です。これを漢方的にいうと、陰陽互根という事でしょうか。


良いところも悪いところもあって、それを丸ごと受け入れてあげると、随分気が楽になります。


自分を受け入れられるようになったのは、自分を褒める習慣をつけたからです。その方法は、毎日頑張った事を3つ「書く」事です。一日を振り返り頑張った事を思い出す→書く→見る。文字を見る事で更に脳に良いイメージが残ります。日記は3日坊主を繰り返してきた私ですが、今年に入ってからスタートしたこの習慣は今も続けています。


書く事はほんの些細な事、「いつもより掃除が丁寧に出来た。」「朝早く起きる事が出来た。」などで良いので、積み重ねていく事が大事です。始めはなかなか時間がかかりましたが、慣れてくるとすぐ思いつくので5分もかからず出来ます。そして、ぜひ毎日書きたくなるようなノート、日記帳を見つけて下さい。手に持つだけで落ち着くような、ホッとするような・・自分にあった素敵なノートを見つけて、一日を楽しみながら振り返られて下さい。これを続けていくと、今の私も良いかも・・と思えるようになってきます。一番身近な自分という存在をぜひ受け入れて、大切にされてくださいね。


(廣尾 なつみ)


このコラムは漢方みず堂暦2016年6月号に掲載されたものです。
漢方みず堂暦は毎月1日に発し、漢方みず堂各店舗にて無料で配布しております。
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。