漢方よもやま話

  • 『生まれたときから』
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

『生まれたときから』

カテゴリー:心の栄養
心身一如
心と体は一つという漢方の考えがあります。
体が元気に美しくなるには、心の美しさも必要です。
皆様に本当の意味で元気に美しくなっていただきたいと願い
「心の栄養」になるお話をお送りいたします。
『生まれたときから』

初めてのあかちゃんに無我夢中だった。


ろくに眠らず、夜泣きもひどかった娘。


 


へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら


「あんたはママを苦しめたいの?ほんとにひどい子だ」


と悪態をついた日々。


 


赤ん坊の気持ちなんて、全然わからない。


母親の自信なんて、みじんもない。


ただ、もがくだけの日々。


 


あれから数年たって、娘は5歳になった。


「あのね、ママ」(もじもじ)


「なぁに」


「あたしね、ママのこと、生まれたときからすきだったの」


 


あの頃の私が一番聞きたかった言葉。


やっと聞けた。


こっそり台所で泣いた。


 


「涙腺崩壊~泣ける話・感動する話」より


この文章は漢方みず堂暦2016年5月号に掲載されたものです。
漢方みず堂暦は毎月1日に発行し、漢方みず堂各店舗にて無料で配布しております。
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。