漢方よもやま話

『 今を生きる 』

カテゴリー:漢方コラム
漢方コラム
漢方みず堂の漢方専門相談員が漢方にまつわるお話をしています。
それぞれの個性あるコラムをどうぞお楽しみください。
『 今を生きる 』

最近、母と話をした時に瀬戸内寂聴さんの震災の時の話が出てきました。少し紹介させていただきます。

「過去のことを嘆いても、前に進めません。だからといって未来にばかり思いを馳せればいいというわけでもない。明日も地震来るかな?と心配しようが、来るときは来るのであって、防ぎようがありませんから。お釈迦様は「過去のことはくよくよするな、未来のことを思い煩うな」とおっしゃいました。過去を負わず、未来に願わない。私たちは今を生きるしかないのです。今の一瞬一瞬に心をこめて、真剣に生きていく。今日自分は何をすればいいか、どう生きればいいかを考えて実践する。」

素晴らしい言葉が散りばめられています。


過去は変えることは出来ません。未来は「こうなりたい」と願うことは素敵なことですが、不安という方もいますね。でも未来は分からないから面白いんだと思います。ただ一日、一瞬を一生懸命に生きる。それを毎日ひたすら続けいく。疲れたらちょっと休憩して、方向が間違っていたら修正して、次にその間違った経験を活かせばいいと思います。


このコラムでもたびたび出てきている言葉ですが、漢方では「陰陽平衡」という言葉があります。自然界のすべては陰と陽のバランスで生きています。良い時も悪い時もあっていいんです。だから、失敗なんて存在しません。有難い経験をさせていただいたと感謝すると失敗というマイナスがプラスになりますね!


一日を一生懸命に生きる。そして、プラスに捉える習慣を。今、私も実践していますまずプラスに捉える習慣を意識することで、ストレスが溜まりにくくなり、自然治癒力が上がります。そういえば風邪も引かず、少しくらい無理しても元気に過ごせています。そして一日を一生懸命に生きる。実際やってみるとシンプルですが、一生懸命とは意外と難しいものです。


「一生懸命」とは?


命がけで事に当たること。また、そのさま。引くに引けない切羽詰った場合。という意味です。始めたころ「毎日100%全力を出し切ること」と考えていたら、いつも出来ていない自分に落ち込んでいました。でも私なりにこう考えてみました。昨日の自分より1%でも頑張ったなら、それを毎日コツコツ積み重ねていけば、それでいいのではないか。また、今日はこれだけというものを決めて、一生懸命する。


「100%の笑顔で挨拶する」


「トイレをピカピカに掃除する」


「ありがとうと感謝の気持ちを心を込めて伝える」


何でもいいんです。出来ることから始めてみませんか?そうすれば1年後、5年後、10年後・・・大きな変化となると思います。


考えただけでもワクワクしますね!


 


(江藤聡子)


このコラムは漢方みず堂暦2016年2月号に掲載されたものです。
漢方みず堂暦は毎月1日に発し、漢方みず堂各店舗にて無料で配布しております。
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。