漢方よもやま話

1月の旬の食材(2016)

カテゴリー:食養生
1月の食養生
一年で最も冷え込む1月は、免疫力も低下しがちです。旬の食材にじっくり火を入れて陽性な仕上がりにし、身体の中から温めて“寒邪”から身を守りましょう。
1月の旬の食材と薬膳解説

セロリ:涼性


強い香りが特徴的なセロリは、ストレスや食欲不振、頭痛や精神安定の効果があるほか、豊富な食物繊維によるデトックス効果があります。また、血をきれいにする活血作用があり、血圧が気になる方にもおすすめです。香りが強く、葉が固くて青いもの、茎は太くて内側への反りが浅いものを選ぶとよいでしょう。


白菜:平性


胃腸を整え、腸を潤すので便秘に効果的です。また、体にこもった熱を冷ますので、発熱時の喉の乾燥、咳や痰の改善にも良いでしょう。水分代謝を良くする働きもあるので、むくみや二日酔いの解消にもおすすめです。


ねぎ:温性


ねぎの独特の香りは薬味やにおい消しとして役立つほか、発汗・解熱作用や消化液の分泌を高める働きもあり、風邪に効果的です。体を温めるので、冷えの気になる方におすすめです。また、成分として含まれるピラジンには血栓を予防する働きがあるとされています。


鰤(ぶり):温性


栄養豊富なブリは、気血を補うので貧血予防に効果的です。体を温め、胃腸を整えます。DHA・EPAが血栓を予防し、高血圧や白内障、認知症の予防におすすめの食材です。


みかん:平性


ビタミンCが豊富で、美肌や風邪予防におすすめです。肺を潤すので、熱による咳に効果的です。横からみたときに平らで、橙色が濃く、表面がしっとりしているもの、ヘタの切り口は小さいものを選ぶと良いでしょう。


 


※体を温める性質のものを「温性」、どちらでもないものを「平性」、体をやや冷やす性質のものを「涼性」と表記しています。


 


この記事は漢方みず堂暦2016年1月号に掲載されたものです。
漢方みず堂暦は毎月1日に発行し、漢方みず堂各店舗にて無料で配布しております。
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。