漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~皮膚~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~皮膚~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「皮膚」2015/9/23放送分

牟田さん)おはようございます。今年は9月27日が「中秋の名月」です。秋の夜長、お団子などを添えてお月見を楽しむのもいいですね。千代樵さん、今日のテーマは何でしょうか?


千代樵)今日のテーマは「皮膚」です。


牟田さん)皮膚といえば、これからの季節は「乾燥」が気になりますよね。


千代樵)はい、空気の乾燥もありますが、季節の変わり目は気温や湿度の変化に体がついていかず、自律神経がバランスを崩し抵抗力や免疫力が弱まるため皮膚も影響を受けやすいんです。


戸塚さん)お肌の乾燥って、病気ではないんですけど、お化粧のノリが悪くなったり、シワが増えたりして、女性にはとても厄介なものですよね・・。       


牟田さん)乾燥肌の対策といえば「保湿クリーム」を使用することが多いと思いますが、漢方ではどのような改善方法があるのでしょうか?


千代樵)まず漢方では、肌の不調は体の内側のトラブルが原因であると考えます。「皮膚は内臓の鏡」という言葉もあるんですよ。 


戸塚さん)ということは、皮膚にトラブルを感じたら、まずは体の中の不調を改善!ということでしょうか?


千代樵)そうですね、例えば血行が悪ければ、皮膚の細胞が必要とする栄養や酸素が不足していまい皮膚の新陳代謝が悪くなるわけなので、その逆を考えて改善を試みます。


戸塚さん)つまり、「血行」を改善するような漢方が必要になるわけですね?           


千代樵)はい、血の不足を補うような漢方や血のめぐりを良くするような漢方を年齢や体質を考えた上で服用していただきます。


牟田さん)具体的には何と言う漢方を使用するんですか?


千代樵)はい、血の不足を補うものは四物湯や温清飲、芎帰膠艾湯などがあり、巡りを良くするものは、桂枝茯苓丸や通導散。不足も巡りも良くするものに当帰飲子、当帰芍薬散などがあります。


戸塚さん)血の不足や、血行不良以外にも、体内の不調が皮膚の異常として現れることはあるのでしょうか?


千代樵)もちろんあります。皮膚を観察すると、かゆみの強いものや水気を含んだもの、腫れがあるものなど、症状が一様でないことがわかります。こうした症状の現れ方から、原因となる不調がどこからきているのかを探り、改善し、最終的に皮膚の状態を改善していきます。


牟田さん)自分だけで判断するのではなく、カウンセリングで症状をよく話すことが大切になりそうですね! 


千代樵)はい、肌の悩みや皮膚のトラブルでお困りの方はぜひ一度カウンセリングにお越し頂ければと思います。 


戸塚さん)皮膚のトラブルを防ぐために日常で気を付けるべき事はありますか?


千代樵)そうですね、これから寒くなります。お風呂はシャワーだけで済まさず、湯船に浸かって身体を温めて下さい。痒みがある方は少し温度を下げて長めに入るよう心がけて下さい。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・戸塚さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
まもなく300回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。