漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~冷え~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~冷え~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「冷え」2015/7/1放送分

牟田さん)おはようございます。7月に入りました。本格的な夏を迎えるまでもう少しですね!子供達は夏休みがだんだん近づいてきますし、大人も夏は気分が盛り上がりますよね。どんなに楽しい時間でも熱中症対策はくれぐれも忘れずに!千代樵さん、まず最初に4月に開設した溝上薬局佐賀駅バスセンター店、ご利用される方が多いようですね。


千代樵) ありがとうございます。おかげさまで多くの方にいらして頂いております。ここはバスをご利用して病院へ行かれる方へこちらでお薬をお出しすることも出来ますし、お薬の処方だけでなく健康・漢方・介護などに関してご相談なども行っておりますのでお気軽にお越しください。地域に密着した健康情報の発信地となることをコンセプトに日々取り組んでいます。


牟田さん)なるほど佐賀駅バスセンターで場所も良いしちょっとした相談でも伺えるのは嬉しいですよね。さて、今日のテーマは何でしょうか?


千代樵)はい。今日のテーマは「冷え」です。体温計で体温を計ってみても冷えているわけではないのに、体の中に「氷」が入っているような感じがして冷たい・・これが冷えの症状です。夏も悩む方は少なくありあません。


戸塚さん)どうしてそんなに冷たく感じてしまうのでしょうか?


千代樵)それは、自律神経が乱れているからだと考えられます。


牟田さん)その自律神経が、体温調節と関係があると言うことですか?


千代樵)はい。私たちの体は、発汗や毛穴の開閉、エネルギー代謝などで寒い時には熱を生産し、熱い時には熱を放出しています。こうした一連の働きがあって、体温を一定に保っているのですが、自律神経が乱れるとこの体温調整が行われにくくなり、冷えの症状が出てきてしまいます。


戸塚さん)自律神経が乱れる原因は一体何なんでしょう・・


牟田さん)う~ん・・自律神経って確か・・ストレスや不摂生、食生活の乱れが深く関るんですよね・・


千代樵)はい、牟田さんのおっしゃる通りです。ただ夏は「冷房」も原因になります。外出時はとても暑いのに、室内に入った途端、冷房が利きすぎていて体が急に冷える・・ことってありますよね?


戸塚さん)あります!汗が一気に引いて涼しいですよね。


千代樵)はい、しかし気温差が激しいと自律神経には大きな負担がかかるんです。それを繰り返してしまうと「冷え症」を引き起こしかねないですね・・


牟田さん)「冷え症」は、冷たく感じる意外にも、体に良くない事があるんですか?


千代樵) もちろんです。月経不順や不妊症、気管支喘息や関節リウマチ、肩こり、膀胱炎などさまざま病気の引き金となることもあるんですよ。


戸塚さん)「冷え症」を甘くみてはいけませんね。


千代樵)はい。漢方では、エネルギー不足によって熱が生まれにくくなっているという考えや、血液の流れや働きに障害が起こり、熱が運ばれにくくなっているという考え、そして、体の水の量が多かったり、偏ったりしているために起こるという3つの考え方があります。


牟田さん)それぞれ、どんな漢方を服用すればいいのでしょうか?


千代樵)はい。冷えの改善が期待できる漢方として、代表的なモノは八味地黄丸や人参湯、当帰芍薬散などがありますが、漢方では体質や症状、冷えに伴う他の症状も考慮しその方にあった漢方をお勧めします。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・戸塚さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
まもなく300回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。