漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~肌荒れ~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~肌荒れ~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「肌荒れ」2015/5/13放送分

牟田さん)おはようございます。ゴールデンウィークも終わってしまいましたね~。これからはどんどん暑くなります。体が暑さになれていないこの時期、熱中症には特に注意が必要です。こまめな水分補給を心がけてくださいね。千代樵さん、今日のテーマは何でしょうか? 


千代樵)はい今回のテーマは「肌荒れ」です。季節の変わり目は肌が乾燥するなど、肌トラブルが多い時期なんですよ。


戸塚さん)どうして、季節の変わり目なんでしょうか?


千代樵)はい、気温の変化は体にストレスを与えます。それが自律神経のバランスを壊してしまい体にさまざまな不調を及ぼします。肌荒れもそのひとつです。


牟田さん)漢方では「肌荒れ」をどのように考えるのでしょうか?


千代樵)漢方には「気・血・水」という考え方があり、この3つのバランスがとれていれば健康であるといいますが、「肌荒れ」の場合、気の巡りや血の巡りが悪くなっていると考えられます。それにより、お肌への栄養補給と水分補給が不足し顔色が悪い、肌が乾燥するといった症状がでているんです。


戸塚さん)そうなってしまった場合、どんな漢方を服用すればいいのでしょうか?


千代樵)肌荒れ対策の漢方は、体質・症状・経過に応じて処方されますので一概には言えませんが、例えば冷えやむくみがある方の漢方薬は当帰芍薬散。その他にも、生理が早めに来やすく、肩こり、冷えのぼせがあり、肌が荒れる方は桂枝茯苓丸加薏苡仁という処方が使われます。また、冷えのぼせが強く、赤みのある湿疹が出やすい方は温清飲。イライラしやすく、眠れないという症状があり、冷えがある方は加味逍遥散合四物湯というような処方が代表的です。


牟田さん)皮膚のトラブルがあると、空気の乾燥や化粧品などの体の外に原因があると考えがちですが、体の内側の問題だったりするんですね~。


戸塚さん)「肌荒れ」に生活面で何か工夫できることはありますか?


千代樵)「肌荒れ」は季節の変わり目に体に係るストレスが原因なので、まずはストレスを減らすことが大切です。自分なりの素敵なリラックス方法を見つけるとよいと思います。


戸塚さん)運動をするということでしょうか?


千代樵)そうですね、しかし運動が苦手と言う方は、入浴でリラックスをしたり、DVDを見て思いっきり笑ったりするのもいいと思います。


牟田さん)それなら忙しい方でも出来そうですね。 


千代樵)はい。漢方では「肌は内臓の鏡」といわれます。体の内面の状態が常に肌に現れているという意味です。一日一日を楽しく、元気に過ごすことが大切です。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・戸塚さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
まもなく300回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。