漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~めまい・動悸~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~めまい・動悸~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「めまい・動悸」2015/4/8放送分

牟田さん)おはようございます。小学校や中学校ではそろそろ入学式が行われるころでしょうか?真新しいカバンや制服をみると、大人もフレッシュな気分になりますね。春はこのフレッシュな気持ちで仕事に家事に励みたいものです。千代樵さん、今日のテーマは何でしょうか?


千代樵)はい、今回のテーマは「めまいと動悸」です。戸塚さんは心臓がドキドキして、ふわふわと浮いているように感じたことって今まで経験した事はありましたか?


戸塚さん)緊張を強く感じると、ドキドキすることがあります。でも、ふわふわと浮いているように感じた事は、今までなかったと思います。


千代樵)戸塚さんのように、緊張によるものは問題ありませんが、ストレスとか何もない場面で、そのような症状があると辛いし不安ですよね。


牟田さん)  それは非常に不安で辛いですね。


千代樵)はい、しかし「めまい」や「動悸」でお悩みの方は多いんです。そこで今日は、それらの症状を改善してくための漢方の考え方をご紹介します。


戸塚さん)「漢方の考え方」とはどんなものなんでしょうか?


千代樵)はい、漢方では「気・血・水」という考え方があり、「気」は生命エネルギー、「血」は血液、「水」は血液以外の体液を表します。この3つが体内でうまく循環していれば健康であると言うことになります。


牟田さん)めまいや動悸がするということは、「気・血・水」のどれかがバランスを崩しているということですね。


千代樵)そうですね。めまいは主に「水」が原因だと考えられます。体で代謝しきれなかった余分な水分が脳脊髄や耳の奥にあるリンパ液に影響を及ぼすことによって、めまいが起こってしまうと言うことになります。


戸塚さん)その、余分な水分を取り除くにはどうしたらいいのでしょうか?


千代樵)これは漢方の得意とする所で、体の余分な水分を汗や尿として体外に排出するように働きかける漢方を使います。例えば「五苓散」や「苓桂朮甘湯」という漢方薬です。また、動悸の症状もある場合には「桂枝人参湯」がおすすめです。


牟田さん)先ほど、主に「水」が原因ということでしたが、他にはどんな原因があるんでしょうか?


千代樵)はい、他には「血」が原因の場合もあります。充血やのぼせを伴う血流量の増加、もしくは、貧血や冷えを伴う血流量の低下も「めまい」の原因とされています。 


戸塚さん)なるほど。では、「水」と「血」のバランスが同時に崩れるというようなことはないんですか?


千代樵)もちろんそのような状況も考えられます。その場合は、その両方の改善に効果が期待できる連珠飲(苓桂朮甘湯合四物湯)を用います。これは、動悸の症状を和らげるためにも効果が期待できます。


戸塚さん)わかりました。しかし、原因の見極めは難しそうですね。


千代樵)はい、めまいや動悸でお悩みの方はぜひ、カウンセリングにお越し頂きたいと思います。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・戸塚さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。