漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~2月質問コーナー~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~2月質問コーナー~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「2月質問コーナー」2015/2/25放送分

牟田さん)本日の「漢方で健康」は、月末恒例、リスナーの皆さんからの質問を中心に進めて参りましょう。たくさんのご質問ありがとうございます。河端さん、2月も後半になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。これからは、花粉などが気になるシーズンだと思いますが、この時期に気をつけることなどはありますか。


河端)やはりアレルギーですね!先週の火曜日位から一気に花粉も飛散しているようで、これから4月いっぱいくらいまでは、PM2.5 、黄砂でのアレルギーが出やすいので、ぜひ気を付けていただきたいと思います。


牟田さん)それでは早速ですが、お寄せ頂いた質問をご紹介します。最初の質問です。


朝起きた時に少し酸っぱいゲップのようなものが上がってくることがあります。頻度は3日に1回くらいです。そのため、大好きなお酒も控え気味にしています。その症状はどのようなことが考えられますか。漢方に相談できますか? 


河端)まず、疑われるのは、逆流性食道炎や胃炎なんかじゃないかなと思います。漢方では、曖気といってゲップが出てきたり、心下痞硬といって、みぞおちのあたりが痞える様な症状がある場合は、瀉心湯類という漢方を使います。類というくらいですから何種類もあるのですが、それは体質によって使い分けます。ぜひ一度ご相談下さい。


諸岡さん)では、次のご質問です。


手先の“冷え“に悩まされている43歳です。女性は冷え症の方が多いと言いますが、私の場合は手先だけです。足先や身体はそんなに冷たくならないのですが、手先だけが冷たいのです。私の周りに手先だけが冷え症という人がいないので、何か違う病気なのかとも考えたりしますが、漢方薬に効果的なものはありますか。


河端)足は、靴下を履いたり、ブーツだったりをはくので、そんなに冷えを感じませんが、手先は常に素手という事や水仕事をするという事もあるので、足よりも感じやすいのだと思います。よく洗剤や塩素でかぶれて湿疹ができる、進行性指掌角皮症いわゆる主婦湿疹という病気もありますが、これも血行を良くして改善して行く漢方を良く使います。代表的には温清飲という漢方薬があります。


牟田さん)では、次です。


私は10代から20代半ばまで過食嘔吐をしていました。ずっとぽっちゃり体系だったので、太るのが恐怖で食べては、罪悪感で嘔吐する日々でした。今は、子供も生まれ、過食症の症状はないのですが、元々鬱っぽい性格ということもあり、また過去に逆戻りしてしまうのではないかと思うと怖く感じます。漢方で細く長く精神的な予防ができるものがあれば教えてください。


河端)このような方は、ぜひ漢方薬をお勧めします。眠れなかったり、不安になったり、怖がったりする自律神経の乱れには、漢方薬をぜひお試しください。本当に種類はたくさんありますし、漢方薬の本来の使い方は、予防のために飲むものです。ぜひ一度ご相談いただくといいと思います。


諸岡さん)それでは、今日最後の質問です。


夫が肋間神経痛になって苦しんでいます。毎日痛いと言っているので、病院に行くように言っているのですが、以前病院に行ってもあまり改善しなかったようで、行きたがりません。漢方薬を勧めてみようかと思っているのですが、どのようなものがありますか。大体の料金も含めて、分かるとありがたいです。


河端)ご本人にとっても、ご家族にとっても非常にお辛いことだと思います。病院でよくならなかったという事ですが、違う病気かもしれませんので、まず病院で詳しい検査をされることをお勧めいたします。それで問題がない場合は、ぜひ漢方をされる価値はあると思います。色々な漢方薬を使いますけども、代表的なものに、柴陥湯という漢方があります。金額はとにかくしっかりやるという事であれば一日分が2~3百円程度となりますが、本当に軽いものであれば130円程度からあります。とにかくつらい症状の改善のために行動をしてください!


牟田さん)はい、ありがとうございました。まだまだ質問はあるのですが、今日はこのへんにしておきましょう。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。