漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~鼻炎~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~鼻炎~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「鼻炎」2015/2/4放送分

牟田さん)おはようございます。昨日は節分でしたね、節分といえば、縁起ものの恵方巻を豪快にかぶりついた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?節分を迎え季節がどんどん春へ近づいていきますが、まだ寒い日が続きます。油断しないようにしましょう。


諸岡さん)早速ですが、本日のテーマは何でしょうか?


千代樵)はい。今日のテーマは「鼻炎」です。風邪をひいたわけでもないのに「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」に悩まされ、集中力が落ちて日々の仕事にも差し支えるといった症状の事ですね。


牟田さん)「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」といえば、これから春にかけては花粉症が気になりますね? 


千代樵)そうですね、花粉による「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」も鼻炎です。鼻炎にはそういった花粉などによる「季節性」のものと、年間を通して起こる「通年性」のものがあります。


諸岡さん)「通年性」のものは何が原因なんでしょうか?


千代樵)原因となるものはダニやカビ、ハウスダストなどですね。


牟田さん)同じ環境にいても、症状が出る方とまったく出ない方がいますよね?それはなぜなんでしょうか?


千代樵)そうですね、漢方では、同じ環境でも個人の体質や「適応力」には差があるため、症状が出る方とでない方がいると考えられています。


諸岡さん)ずばり、どのような体質だと鼻炎になってしまうんでしょうか?


千代樵)はい、漢方の考え方では「水分代謝が悪い」体質の方に多い症状とされています。普段から、冷たい飲食物を取り過ぎたり、過労やストレスがたまったりすると、胃腸の働きが衰えて水分代謝が悪くなってしまいます。


諸岡さん)ということは、漢方でその体質を改善してゆけば、鼻炎の症状も緩和されていく可能性が出てくるわけですね!


千代樵)そうですね。健康で状態のいい体質でいる事が大切なんですね。具体的な漢方の服用についてですが、例えば、透明なさらさらした鼻水が出て、頻繁にくしゃみが出て止まらないといった症状の方には「小青竜湯」や「苓甘姜味辛夏仁湯」などを使います。これは、鼻炎だけでなく、気管支炎などの方にも使用される漢方です。


牟田さん)私はよく鼻づまりに悩まされるんですが、そのような症状の場合はいかがですか?


千代樵)そうですね、鼻づまりには、「葛根湯加川きゅう辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)」という漢方が良く用いられます。体の中にいったん水分がたくさんたまってしまうと、なかなか改善されません。なので、漢方を使って長期的に改善を目指すという方法がおすすめです。 


諸岡さん)「冷たい飲み物や食べ物」はよくないと、先ほど教えて頂きましたが、日常の生活で改善した方がよいことはありますか?


千代樵)そうですね、花粉が原因の方は、飛散の多い時期はなるべく外出をさけるなど原因物質がなるべくない環境にいるということが大切です。ハウスダストやカビやダニが原因の方は、室内を清潔に保つこと、また、ダニが発生しやすいとされる「タタミ」や「カーペット」ではなく、「フローリング」のある空間で過ごすといいと思います。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。