漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~二日酔い~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~二日酔い~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「二日酔い」2014/12/24放送分

牟田さん)おはようございます。今日はクリスマス・イブ。家族や恋人、または友人と素敵な時間を過ごせたらいいですね。


諸岡さん)早速ですが、本日のテーマは何でしょうか?


河端)はい、今回のテーマは「二日酔い防止」です。年末年始はお酒をのむ機会が増えますので、今日はそんな時に役に立つ情報をお教えしたいと思います。


牟田さん)「酒は百薬の長」といわれますけど、飲過ぎてしまうと、翌日二日酔いで大変苦しい思いをしますよねぇ。


河端)はい、二日酔いの症状には、頭が割れるような頭痛や吐き気、顔のむくみなどがあり、翌日にお仕事がある場合はとてもつらいと思います。


諸岡さん)本当につらいですよね!休んじゃいたくなってしまいますよね!そうならないために何か方法ってあるんですか?


河端)まず、飲む前に飲む漢方薬は、黄連解毒湯という漢方薬があります。肝臓や胃の熱をとってくれるので、アルコールを分解しやすくするためには大変優れた漢方薬です!ぜひ諸岡さんも、牟田さんも試してみてください!


牟田さん)そうですね!私にとって必需品ですね!


諸岡さん)私もバックにひそめておこうと思います!


河端)それと二日酔いになった後はどのような漢方が良いかといいますと、下痢や胃腸の調子が悪い場合はおおよそ五苓散という漢方でいいのですが、頭痛がある場合や、身体がほてっている場合は、まだ体に熱がこもっているので、前述の黄連解毒湯が良いです。また、熱が残っていて、胃が痛んだりするときは半夏瀉心湯という漢方が良いですね。


牟田さん)やはり、その時の症状によって違う漢方を使うんですね。


河端)漢方は随証療法といって、その時の状態いわゆる賞を見て漢方薬を決定して行くので、どこかのテレビでやっていた、この症状はこの漢方という事は全く持ってナンセンスです。ぜひきちんと専門の所で相談しないと全く効かないという事もありますし、重い副作用はありませんが、思わぬ副作用も出やすくもなるので、ぜひ専門の所できちんと聞いて、症状を話して選んでもらう事が肝心です。


牟田さん)まずは黄連解毒湯を飲んで宴会に臨む!という事ですよねもう忘年会は終わっている所もあるかもしれませんが、その宴会の最中に注意することってありますでしょうか?


河端)はい、ポイントは、なるべくゆっくり飲む事と、豆腐とか、良質のたんぱく質をとりながら楽しく飲むという事ですね!


牟田さん)それはそうですよね!楽しむためのお酒ですから、陽気に楽しくやりたいですよね!  


諸岡さん)その通りですよね!今日も身近な話題で勉強になりました!黄連解毒湯ですよね!効きそうな名前ですよね!でも、油断してお酒を飲み過ぎないように気をつけたいものですね。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。