漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~冷え性~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~冷え性~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「冷え症」2014/12/10放送分

牟田さん)おはようございます。12月に入りぐっと気温が下がりましたね。体調など崩していませんか?手洗いうがいや防寒をしっかりして年末も元気に過ごしましょう!


諸岡さん)早速ですが、本日のテーマは何でしょうか?


千代樵さん)今日のテーマは「冷え症」です。


牟田さん)最近、よく聞く言葉ですね。


千代樵)よく聞きますね。この「冷え症」は、手足が冷えて良く眠れない、秋口から春先までカイロが手放せない、寒いとすぐにお腹が痛くなるなどといった症状があり、悩んでいる人はたくさんいるのですが、実は西洋医学にはこの「冷え症」という言葉はないんです。


諸岡さん)病気ではない、ということでしょうか?


千代樵)そうですね。しかし「冷え症」に関係する病気はたくさんあります。


諸岡さん)例えばどのような病気ですか?


千代樵)はい、月経不順や無月経、腰痛、肩こり、過敏性腸症候群などが挙げられます。


牟田さん)「冷え症」をそのままにしていると良くないといということですね。


千代樵)はい、冷え症の改善には、冷える体質を改善していくことが大切です。


諸岡さん)体質の改善は漢方の得意分野ですよね?


千代樵)そうですね、体の働きをよくして、症状を押さえていくことを目的とする漢方治療は「冷え症」の改善に適していると思います。


諸岡さん)漢方には「気・血・水」という考え方がありましたが、そのどれかのバランスが悪いということでしょうか?


千代樵)そうですね、気が足りない「気虚」、血が滞っている「お血」、水分がたまっている「水毒」など、どれもが原因になります。また、いくつかの状態がかさなっている場合もあるんですよ。


牟田さん)例えば「気虚」の場合はどのような漢方が使われるんですか?


千代樵)その場合、人参湯、八味地黄丸、真武湯などの漢方を用いて、エネルギーを補い、熱を生まれやすくしていきます。


諸岡さん)女性で「冷え症」に悩む人が多いようですが、この場合はどのような漢方がいいのでしょうか?


千代樵)いま、働く女性に増えているのがストレスによる「冷え」です。こうした「冷え」対策には、人参湯や当帰四逆加呉茱萸生姜湯などが用いられます。また、「冷え」は長い時間をかけて治療をしていく必要があります。漢方だけでなく生活改善も必要です。


諸岡さん)どのような改善が必要ですか?


千代樵)そうですね、ひざかけなどで防寒対策をしっかりすることと、定期的な運動、そしてお風呂はシャワーだけではなく湯船につかる。寝る時は湯たんぽを使うなどが良いですね。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。