漢方よもやま話

  • 「みず堂のなるほど漢方塾」~11月質問コーナー~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「みず堂のなるほど漢方塾」~11月質問コーナー~

RKB毎日放送「みず堂のなるほど漢方塾」
毎週日曜日「サンデースイングライフ」内にて午前9時30分ごろからお送りしている「みず堂のなるほど漢方塾」の内容を一部改訂して掲載しています。
「11月質問コーナー」2014/11/30放送分

中嶋さん)河端先生、あかね先生おはようございます。


河端・福田)おはようございます。


中嶋さん)先週は冷え症についてでしたが、これからの季節辛い症状が出る方はぜひ漢方で体の内側から温まっていただきたいですね。


福田)神経痛や頻尿など冬は酷くなりやすいですのでぜひご相談ください。


中嶋さん)今日は質問コーナーです。早速ご紹介します。


朝倉市 50代 男性 最近寒くて関節が痛みます。漢方で少しでも緩和できませんか?


ということですが、11月の1週目にちょうど神経痛とリウマチがテーマで、寒くて痛い時にはトリカブトを使うというお話でしたよね?


福田)そうですね、トリカブトは漢方では附子と言って温めて水分代謝を良くしてくれます。色々な漢方薬に入っていますので、詳しい体質をお聞きしてお選びすることになります。


河端)胃腸の弱い方ならば桂枝加苓朮附湯、腰痛や頻尿、耳鳴りなどもある方ならば牛車腎気丸などがあります。まだ50代ですので、今のうちにしっかり体質改善されるといいと思います。


中嶋さん)漢方みず堂さんの漢方薬はその場で調合して作って下さるオーダーメードですからね。では次です。


福岡市60代 女性 胃腸が弱くてすぐお腹を壊します。胃腸薬は強すぎるイメージがあります。オススメの漢方はありますか?


福田)市販のお薬は症状を抑えるだけで根本的に胃腸が弱いのを治すことはできません。漢方薬は胃腸が冷えていれば温めて、水が溜まっていれば水はけを良くして、根本的に体質改善することができます。


河端)お腹が冷えて下痢をする場合は人参湯、ストレスですぐお腹を壊す場合は柴芍六君子湯など胃腸の漢方薬は50種類ぐらいあります。漢方は自分の症状体質に合わせて飲むことが大切なので、ぜひもう少し詳しくお聞かせください。


中嶋さん)いつも胃腸は大切とおっしゃってますよね。ぜひ根本的に体質改善してみられてくださいね。では最後の質問です。


行橋市  30代 女性生理痛がひどく悩んでます。寒いと背中まで痛く、起き上がるのも辛いです。漢方で治りますか?


福田)だいぶん酷くてお辛そうですね。やはり体質に合わせて様々な漢方があります。生理痛がかなり酷い方でも早い場合は1か月飲んだ位の生理から変化が出ます。


河端)先日も1日3回痛み止めを飲んでいたのが、漢方飲んで1か月ぐらいで1日1回ぐらいに痛み止めが減った方がいらっしゃいました。寒いと酷いということであれば根本的に冷えをとっていく漢方薬がいいでしょうね。ぜひご相談ください。


中嶋さん)初回は1時間ぐらいかけてじっくり丁寧にお話を聞いてくださるそうで安心ですよ。ぜひこの冬は本格的なコトコト煎じる漢方薬に挑戦してみてくださいね。


RKBラジオ「みず堂のなるほど漢方塾」では代表取締役河端と漢方専門相談員福田茜がパーソナリティの中嶋順子さんと分かりやすく漢方のお話をしています。
番組内では“厳しい河端先生”“やさしい茜先生”として月末恒例のリスナーからの質問コーナーでは毎月たくさんの質問をいただいています!(福岡1278kHz 北九州1197kHz 大牟田・行橋1062kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。