漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~子供の病気 喘息・アトピー~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~子供の病気 喘息・アトピー~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「子供の病気 喘息・アトピー」2014/8/6放送分

牟田さん)おはようございます!8月になりました。十分な水分補給をして、エアコンも適度に使用して、残りの夏も元気に乗り越えていきましょう!


諸岡さん)早速ですが千代樵さん、今日のテーマは何でしょうか?


千代樵) はい。今回は「子どもの病気 喘息とアトピー」がテーマです。小さな子どもはよく風邪をひきますよね。普通の風邪であれば咳は3日~7日でおさまりますが長引く場合や、風邪も引いていないのに寝ている時にずっと咳をしているというお子様は喘息の可能性があるので注意が必要です。


諸岡さん)咳なのか喘息なのか見極めは難しそうですね。もっと具体的な特徴はありますか??


千代樵)そうですね。「喘息」の場合は、季節の変わり目や寒暖の差などが大きい時に出やすくなる人が多いようです。また、ヒューヒューゼーゼーと呼吸困難になるという特徴があります。


諸岡さん)わかりました。では、もうひとつのテーマ「アトピー」というとどのような症状があるのでしょうか?


千代樵)アトピーの中でも、アトピー性皮膚炎の場合は、かゆみの激しい湿疹が全身のあらゆる場所に生じます。 


牟田さん)夏は汗をかくのでかゆみが増しそうですね。原因はなんなんでしょう?


千代樵)体質によるところが大きいといわれます。実は先ほどお話しした喘息もアトピーに関するアレルギー病の一つと言われます。


牟田さん)根本が同じということですか?


千代樵)そうですね。アレルギーを起こす物質が体と反応して皮膚に症状が現れるか、気管支に症状が現れるか・・という違いです。


牟田さん)なるほど。どちらも体質の問題だとすると、体質改善から、体の不調の改善を目指す漢方はとても適しているようですね。


千代樵)そうなんです。漢方ではこれらの症状が出た時に体の免疫バランスが崩れていることが原因と考えます。そこで、免疫の調整に適しているといわれる漢方の小柴胡湯(しょうさいことう)柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などを用いてアレルギー体質からの改善を目指します。


牟田さん)ということは、喘息とアトピー性皮膚炎の症状が同時に改善に向かうということですね。


千代樵)はい。また、免疫を高める漢方なので、風邪をひきにくくなったという事例もあります。


牟田さん)一石二鳥というより三鳥ですね!


千代樵)そうですね。ただ、免疫バランスの崩れの原因は一つではないので、さきほどご紹介した漢方だけではなく、カウンセリングを通して導き出した患者さんに適した漢方を使用します。


諸岡さん)最後に、漢方薬は苦いと思うのですが・・小さなお子様に飲んでもらう為の工夫などあれば教えてください。


千代樵)はい。最近ではお薬用のゼリーもありますので一緒に飲んで頂くか、「オブラート」につつんで飲むといいと思います。


諸岡さん)わかりました。ありがとうございました。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。