漢方よもやま話

  • 『~夏バテには漢方を~』
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

『~夏バテには漢方を~』

カテゴリー:漢方コラム
漢方コラム
漢方みず堂の漢方専門相談員が漢方にまつわるお話をしています。
それぞれの個性あるコラムをどうぞお楽しみください。
『~夏バテには漢方を~』

本格的な夏がやってきましたね。この時期にきつくなるのが夏バテ。


蒸し暑さなどが続いて、胃腸機能が低下して、だるさやめまい、疲れ、食欲不振などの症状が出やすくなってしまいます。また冷房の入れすぎや、冷たいものの摂り過ぎなどでも胃腸機能が低下して夏バテを引き起こすと考えられています。


 


日本の夏は特に湿気が多く、人もこの影響を受けます。


病気になる時には邪気が関与すると漢方では考えますが、この時期はこの『湿邪』によるものが大きいと考えられます。


 


『湿邪』がもっとも影響を与えるのが胃腸などの消化器系統です。これにより食欲が落ちたり、栄養がしっかり身体を巡らなかったりで、夏バテの症状がでると考えられます。ですから、夏バテを解消するには胃腸を元気にする事が大切なのです。


しかし、夏バテだからといって、栄養満点のものを頑張って食べようとしても、胃腸はその準備が出来ていないから逆効果になる事もあります。


 


そこで漢方が活躍します!


このようなだるさや疲れ、食欲不振などの夏バテ症状で使われる漢方薬には、身体を温める生薬が入っている事が多いです。胃腸の働きを高め、水分代謝を上げて、巡りを良くして改善していきます。


代表的な漢方薬としては、『補中益気湯(ホチュウエッキトウ)』『胃苓湯(イレイトウ)』『六君子湯(リックンシトウ)』などがあります。


 


夏場はそうめんや冷麦など冷たいものを食べる事が多くなりますよね。この時に使う薬味のネギやショウガは身体を温めるものです。先人たちは夏の風物詩といえる食事に対してもしっかりとバランスをとるようにしていたのですね。


このように夏バテになってしまったら、無理して食事の栄養面だけで何とかしようとせずに、漢方を上手に使って、元気な身体で夏を過ごして頂ければと思います。


 


また、もっと大切なのは、それ以前。未病という言葉がありますが、やはり常日頃からしっかりと先を見据えて身体の健康を保つ事。


食事・運動・生活習慣など改めなければいけないことは出来る所から改善していき、どうしても中々改善していかない体質に関しては、漢方相談に任せて下さい。


この方が症状が出てから何とかしていくよりも、ずっと健康的ですよね。


 


『身体は資本』。


これからの人生を常に元気いっぱいで過ごせるように、皆さん、早め早めに、出来る事をやっていきましょう!


 


(河瀬 泰介)


このコラムは漢方みず堂暦2014年8月号に掲載されたものです。
漢方みず堂暦は毎月1日に発し、漢方みず堂各店舗にて無料で配布しております。
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。