漢方よもやま話

  • 『子どもたちはこうして生き方を学びます』
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

『子どもたちはこうして生き方を学びます』

カテゴリー:心の栄養
心身一如
心と体は一つという漢方の考えがあります。
体が元気に美しくなるには、心の美しさも必要です。
皆様に本当の意味で元気に美しくなっていただきたいと願い
「心の栄養」になるお話をお送りいたします。
『子どもたちはこうして生き方を学びます』

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる。


とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる。


不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる。


「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持になる。


子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる。


親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる。


叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう。


 


励ましてあげれば、子どもは、自信をもつようになる。


寛大な家庭で育った子は、我慢することを学ぶ。


褒めてあげれば、子どもは明るい子に育つ。


愛してあげれば、子どもは人を愛することを学ぶ。


認めてあげれば、子どもは自分が好きになる。


見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる。


分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ。


 


親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る。


子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ。


守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ。


和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる。


 


アメリカインディアンの教えより


この文章は漢方みず堂暦2014年7月号に掲載されたものです。
漢方みず堂暦は毎月1日に発行し、漢方みず堂各店舗にて無料で配布しております。
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。