漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~6月質問コーナー~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~6月質問コーナー~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「6月質問コーナー」2014/6/25放送分

牟田さん)  本日の「漢方で健康」は、月末恒例、リスナーの皆さんからの質問を中心に進めて参りましょう。たくさんのご質問ありがとうございます。 河端さん、もうすぐ7月ですね。梅雨から本格的な夏が始まる前の生活でアドバイスなどあれば教えてください。


河端) お腹を壊しやすい時期ですので、暴飲暴食にはぜひ注意して頂きたいですね。


牟田さん) それでは早速ですが、お寄せ頂いた質問をご紹介します。最初の質問です。


私は冬になると霜焼けができます。昨年はひどくなかったのですが、数年前は大変でした。冬場は月に1回ほど病院に行き、漢方を処方されました。冬にならないように夏から飲んだほうが良いのでしょうか?


河端) 漢方薬は予防のために飲むのが本来の飲み方です。したがって、なる前から飲み、ならないようにするのが大切です。ですので、今からしっかりと服用されるといいと思います。  


諸岡さん) では、次のご質問です。


今年55歳になる男性です。最近、飲食をしていない普通の時も喉になにか詰まっているような感覚があります。咳払いをしても、水を飲んでも詰まっている感覚は消えません。それ以外は体調も良いため、あまり気にしないようにはしていますが、そんな症状に良い漢方がもしあれば教えてください。


河端)その症状は漢方的に「梅核気」と言って、まるで梅干しの種が喉に引っかかっているような状態のことを言います。自律神経が大いに関係しますが、漢方薬は、半夏厚朴湯とか、柴朴湯という漢方を良く使います。


牟田さん)では、次です。 


私は昔から頬にシミがあり、それが年々大きくなっています。もう今年還暦を迎えるので仕方ないとは思っているのですが、やはり気になります。顔全体もたるんでいるため、年齢より老けてみられることもしばしばです。漢方を使って、内面からきれいになりたいのですが、可能でしょうか。 


河端) もちろん可能です!女性は常に綺麗でありたいですよね!まず、シミというのは、漢方では「瘀血」と言い、血液が滞っている状態と考えます。また、たるみも肌の元気がなくなっている状態漢方的に肺気虚という状態で、それに合う漢方薬も多くありますので、是非一度ご相談ください。


諸岡さん) それでは、今日最後の質問です。


基礎代謝が上がるような漢方はありますか。私は汗をかきにくい体質のようで、運動をしてもあまり汗をかかないため、スッキリしません。もともと冷え症でもあり、根菜類を摂るなど、できる限り体を冷やさないようにはしているのですが、あまり効果はありません。とにかく代謝を上げるような漢方があれば教えてほしいです。


河端) 代謝が悪いと、痩せにくく太りやすくもなりますね。良く使う漢方薬は、体質にもよりますが、補中益気湯や加味逍遥散、柴胡桂枝湯などがあります。


牟田さん) はい、ありがとうございました。まだまだ質問はあるのですが、今日はこのへんにしておきましょう。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。