漢方よもやま話

「紫陽花」

カテゴリー:漢方コラム
漢方コラム
漢方みず堂の漢方専門相談員が漢方にまつわるお話をしています。
それぞれの個性あるコラムをどうぞお楽しみください。
「紫陽花」

6月の花といえば紫陽花(あじさい)ですよね。


藍色に近い青や薄いブルー、赤みのかかった紫など色とりどりの綺麗な花の色を出しています。実は紫陽花の花の色は土の酸度によって違うことご存知ですか?


あじさいは土の酸度によって花色が変化する特性を持っていて、酸性が強くなるとより青くなり、弱くなると赤っぽくなるそうです。面白いですよね。


そういえば、私たちのからだにも酸性体質・アルカリ性体質があることをご存知ですか?


 


酸性の食品には肉・魚・卵・穀物類があげられます。


これらのものは高たんぱく・高脂肪に偏りがちになり肥満やその他の生活習慣病への第一歩に繋がります。


そうならないためにもアルカリ性食品(野菜・果物・海草・きのこ・大豆)を取ることで身体のバランスが取れてくるのです。なんでもバランスが大切です。


 


毎日食べるものを少し意識してかえることで健康な身体をつくることが出来ます。


微差は大差といいます。


病気になってからでは手遅れのことも・・・。それを無視してどちらかに偏ると体の中で大きなズレとなってそれがあとあと身体になんらかの症状として(例えば頭痛・高脂血しょう・肥満・体の冷え・アレルギーなどなど)訴えてくるのです。


人間の身体は食べたものでできている。「ひとは食べ物のおばけ」です。自分の身体は自分の食べたものでできています。


肉ばかり食べてにくらしい人になるのではなく野菜も食べてやさしい人に。


 


ちょっとした意識で身体が元気になるって嬉しいことですよね♪


“梅雨の時期は身体がなんだか重だるい“と感じるかたちょっと食事の見直しをしてみてはいかがでしょうか?


 


(親富祖 玲)


このコラムは漢方みず堂暦2014年6月号に掲載されたものです。
漢方みず堂暦は毎月1日に発し、漢方みず堂各店舗にて無料で配布しております。
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。