漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~4月質問コーナー~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~4月質問コーナー~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「4月質問コーナー」2014/4/30放送分

牟田さん)  本日の「漢方で健康」は、月末恒例、リスナーの皆さんからの質問を中心に進めて参りましょう。たくさんのご質問ありがとうございます。最初の質問です。


私の家系は糖尿病が多く、私自身も40代になってから、健康診断では、糖尿病予備軍といった状態です。食事やお酒の量は人並みだと思うのですが、血糖値が人より高いようです。糖尿病になる前に、漢方に相談しようかと思います。効果的な漢方とその料金を教えてください。


千代樵)はい。漢方薬はその方の症状、体質によっていろいろあります。例えば喉の渇きなど、ほかの症状もお聞きしてどのような体質になっているか判断してから漢方薬を選んでいきます。ですので症状がいろいろとある場合や、食事の視点などもアドバイスさせて頂きます。料金のほうですが、すべてお聞きしてその人に合った方法をご提案します。体調やお選びする漢方によって1日数百円~数千円まで幅があります。ご予算など仰って頂ければその予算内で行いますのでご遠慮なくお申し出下さい。ご相談だけでも大丈夫ですので、一度来ていただければと思います。        


諸岡さん) では、次のご質問です。


私は40代前半の女性です。ここ数ヶ月、疲労感がなくならず、疲労が蓄積されていく感じです。リフレッシュのためのマッサージや休養、規則正しい食生活などを心がけてやっいるのですが、あまり効果を感じません。むしろ増しているような気すらします。良い漢方があれば教えて下さい。


千代樵)もちろんおっしゃる通り、休養や規則正しい生活は必要ですが、どの程度か伺ってみないと何とも言えません。ただ、やっているのに効果を感じないのは良くないですね。漢方でいう「気・血・水」で話すと、気力が衰えて、血の力が不足して水の流れも悪くなったり、淀んだりしていると感じます。体質的にその辺りをお聞きすれば、的確なアドバイスができると思います。漢方薬では「補中益気湯」があります。これは読んで字のごとく、「体の中を補ってやる気を出していきましょう!」という意味です。また疲れすぎて、動悸や息切れも出たりしている。といった方は「炙甘草湯」というものもあります。疲れてからでなく、日頃から飲んでいると疲れにくく、病気をし難い体作りもできますので毎日飲んで頂くのもいいと思います。いずれにせよ体質に合わせた漢方薬が一番いいので、ぜひご相談に来て下さい。


牟田さん)では、次です。


私は若い頃からお酒が好きで、休みの日は朝から飲む日もあります。平日でも、夕食を作りながら、お酒を飲むこともしばしば。そのため、最近は体型崩れてきました。お酒を飲むことを抑制するような漢方はありますか。


千代樵)ん~、抑えたいけど抑えられない。なかなかお辛いですよね。実は数年前に同じお悩みの方が相談に来たことがあるんです。


牟田さん)  へ~、そうなんですね!で、どうなったんですか?


千代樵)その方は、晩酌でビール500mlを2~3本、ワインを1杯飲んでも満足しない。いつの間にか手が伸びて開けてしまう。といった感じでした。おっしゃる通り体系もそうですが、体調も悪くなり、健康そのものにとてもご不安を抱えて来られました。この方の体質をお伺いしたら、「水毒」になっておられたので「五苓散」という漢方薬をお勧めしました。そうすると体質が元に戻るとともに、晩酌もビール1本か、ワイン1杯で十分満足するようになった!といって喜んでおられましたよ。もちろん、体型、体調も満足いく方向に変わっていかれました。おそらく質問者さまは、気の流れや、水の流れが悪くなって体質が崩れた結果、のようになっておられているんではないかな?とも感じます。ぜひ一度ご相談に来ていただければと思います。


諸岡さん) それでは、今日最後の質問です。


最近、夫の抜け毛が多くて心配しています。夫は50代をむかえ、仕事のストレスなどもあるようですが、1年ほど前と比べても、かなり薄毛になっています。加齢のため仕方ないかもしれませんが、少しでも、予防できるような漢方はありますか。


千代樵) 抜け毛が多くてさらに薄くなっておられる。そうとうご苦労されておられるんでしょうね。それにしても、やさしい奥さまですね^^加齢の問題も含めて、いくつか漢方薬がありますよ。漢方では、「髪の毛は血の余り」といいます。この血の力を補う漢方薬を用い、改善していきます。この場合は「四物湯」という漢方薬ですね。また髪は腎の華と言って、耳も含めて腎の力を現わしています。腎は泌尿器、生殖器、ホルモン、そして生命力を宿す場所と言われています。加齢とともに減っていくのですが、疲れやストレスなどで減りが早くなります。この腎を補う漢方薬に「八味地黄丸」や「柴胡加竜骨牡蛎湯」などがあります。この質問者様のお悩みの場合、飲んですぐといった効果がわかり難い特徴がありますので、少なくとも半年~1年は飲んでみた方がいいと感じます。ぜひ一度ご来店頂ければと思います。


牟田さん) はい、ありがとうございました。まだまだ質問はあるのですが、今日はこのへんにしておきましょう。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。