漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~自律神経失調症~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~自律神経失調症~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「自律神経失調症」2014/4/9放送分

牟田さん) おはようございます。4月に入りました!今月から新しい生活が始まった方、慣れない生活で体調を崩さないように、ゆっくり頑張っていきましょうね~


諸岡さん) 早速ですが、本日のテーマは何でしょうか? 


千代樵)はい、今回のテーマは「自律神経失調症」です。耳にしたことはあっても、どんな症状なのか知らない人が多いかと思いますがいかがですか?


諸岡さん) そうですね、そもそも自律神経ってどういうものだろう?と思っている人が多いんじゃないでしょうか? 


千代樵)はい、自律神経とは、私たちの身体の調整を行っている部分です。体はストレスや気温の変化といった外部からのさまざまな刺激に対し、体の状態を一定に保とうとします。その調整を行っているんですね。 


牟田さん) つまり、自律神経失調症とはその部分のバランスが崩れて、体に影響が出ているわけですね~


千代樵)はい、おっしゃる通りです。自律神経は身体のいろいろな部分と関わっているので、ひとつの症状ではなく、例えば頭痛・めまい・不眠・肩こり・下痢・便秘など、本当に様々な症状が現れます。


諸岡さん) いろんな症状があるんですね。


千代樵)そうですね。特に、ストレスや疲労が過度にかかっている人、生活のリズムが不規則な人などが、この病気にかかりやすい傾向があると言えます。


牟田さん) なるほど~きちんと休んだり、うまくストレスを発散させることが大切なんですね。漢方ではいかがですか?


千代樵)はい。こういったいろいろな症状が出る自律神経失調症の治療は、漢方の得意分野です。漢方の考え方には「気・血・水」というものがありますが、自律神経失調症では気や血のバランスが崩れた時に出てきます。そのため、その人の体質や症状などを考えながら、気や血の状態を整えるような漢方薬、例えば柴胡加竜骨牡蛎湯や抑肝散加陳皮半夏などが使われます。飲み始めてすぐに治るというわけではありませんので、根気強く続けて飲むことが大切です。


諸岡さん) じっくり取り組むことがポイントですね。それに加えて、生活リズムを整えることやストレス発散が大切ですね。


千代樵)はい。いまの時期、慣れない新生活でいつものリズムが崩れたり、不安でストレスをためたりすることもあるかと思います。何か不調のサインが現れたら、お気軽にご相談にお越しください。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。