漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~咳~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~咳~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「咳」2014/3/5放送分

牟田さん)とうとう3月ですね!だんだん日差しが春めいてきました。昼間は暖かい日もあり、寒暖差で体調を崩しやすい時期です。年度末で忙しい方もいらっしゃると思います。だからこそ、体調管理にはしっかり気をつけてくださいね! 


諸岡さん)早速ですが、本日のテーマは何でしょうか?


千代樵)はい、今回のテーマは「咳」です。日中と夜の気温の差が激しいと風邪をひきやすくなりますが、その影響からか咳の出る人が増えてきているようです。特に今のような季節の変わり目は喘息の症状も出やすいですね。


諸岡さん) これからの時期は黄砂などで咳が出やすいですよね。最近はPM2.5などの大気汚染の影響もありそうですが・・・?


千代樵)はい、黄砂はただの砂ではなく、PM2.5を含む大気汚染物質が付着しているためアレルギーを引き起こしやすい性質をもっています。また砂の一粒一粒の角が尖っているため、気管支を傷つけ、炎症がおきると気道がせまくなったり、痰が出ることで咳がなかなか止まらなくなってしまうのです。


牟田さん)黄砂にはそんな影響があるんですね。風邪でもないのに咳が続くなと感じている方はアレルギーを引き起こしている可能性もありますね。風邪の咳と見分けるポイントはありますか?


千代樵)どちらも咳という事では同じです。ただ、風邪の場合には、熱があって、のどが痛かったりすると思いますが、黄砂いわゆるアレルギーが原因の場合はあまり熱は上がらないか、もしくはない場合が多いですね。


諸岡さん)熱があるかどうか、というところがひとつの見極めポイントになりますね。


千代樵)はい、一口に咳と言っても、でる時間帯や、痰が出たり、喘息気味だったり、鼻水を伴ったり、イガイガが伴ったり、いろいろ人それぞれ症状には違いがありますので、漢方では症状に合わせたものを出すことになります。息苦しく、痰が多い方は清肺湯という漢方薬があったり、咳き込んで眠れない方は竹如温胆湯という漢方薬などかなりの種類がありますよ。 


牟田さん)咳と言えば喘息に悩まされている方も多いと思いますが、漢方ではいかがですか?


千代樵)喘息などで悩んでいるお子様の咳や痰には、神秘湯というものがあります。大人の方の喘息や鼻炎には、体質にもよりますが、小青竜湯加石膏なども使われます。これには、体にたまった余分な水分を取り除く作用があります。漢方で体質改善をしていくには継続することが大切です。長くかかることもあるかもしれませんが、ぜひお試しください。


諸岡さん) 日頃から気をつけることはありますか?


千代樵)そうですね、咳というと喉が乾燥しているかと思い水分を多くとりがちですが、それは控えた方が良いですね。


牟田さん) えっ、そうなんですか?


千代樵)はい、漢方には水毒という考えがあります。余計な水分が胃や肺に停滞していると、それを排除しようとして咳が出ることもあるのです。そういったことも含め、みず堂では、お一人おひとりカウンセリングを行い、体質や症状に合わせて様々なアドバイスをいたします。お悩みのある方は、一度ご相談にお越しください。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。