漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~アレルギー(皮膚病)~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~アレルギー(皮膚病)~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「アレルギー(皮膚病)」2014/2/19放送分

牟田さん)おはようございます。この時期は気温差で体調を崩す人も多いです。自分の身体を労わって、休めるときに休みましょう!


千代樵)今回のテーマは「アレルギー」です。今のような花粉症の季節は肌が乾燥したり、かゆくなったりする人がいらっしゃるかと思いますが、これもアレルギーのひとつです。今回は特に肌に関するアレルギー、アトピーなどについてお話致します。


諸岡さん) 花粉症もあると思いますが、冬場は特に乾燥して肌がごわついたり、かさかさしたりと悩まされますね。


千代樵)そうですね、冬は夏と比べて体温と外気の温度差が大きく、湿度も低いので肌の水分が失われていきます。なので結構カサカサしてくるんですね。ですから、体の外からだけではなく、内側からも肌を保湿してあげることが大切になります。


牟田さん) 体の中から保湿というとどういうことでしょうか?  


千代樵)はい、例えば皮ふのアレルギー疾患「アトピー」の場合、漢方では免疫バランスの乱れが原因だと考えます。ですので、免疫バランスを整えることを目的とした漢方をお勧めします。内面の原因を考え、改善することで、内側からも保湿するようなことができるんですよ。


諸岡さん) アトピーの場合、よくステロイドが処方されることが多いと思いますが、漢方の場合は内面から改善するんですね。 


千代樵)はい、漢方では症状を抑えるだけでなく、原因となっている体の症状を整えることで改善していきます。ですので、しっかりと体質や症状のカウンセリングを行い処方します。また、漢方にも保湿クリームがあります。その一つ『漢美潤手足ひじ用クリーム』は、霊芝という保湿成分が入っており、1000円とお手頃で、赤ちゃんにもオススメで是非お使いいただくといいと思います。 


牟田さん) 漢方ではどんなものがありますか?


千代樵)はい、当帰飲子や黄耆建中湯などの漢方が使われますね。やはり時間がかかりますが、本当にアレルギーが出にくい体質になってくるのが漢方の特徴なので、是非一度試されるといいと思います。


諸岡さん) お子さんでアトピーに悩んでいる人は多いと思いますが、漢方は子どもさんにとってはどうですか?


千代樵)そうですね、漢方の効果が表れるのは年齢が若いほどはやいという意見もあります。根気強い治療が必要となりますが、なるべくはやくお越しいただければ、たくさんのアドバイスができると思います。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
実は200回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。