漢方みず堂ブログ

腰痛・ぎっくり腰にはヨガとトコちゃんベルトと当帰芍薬散!

腰痛・ぎっくり腰にはヨガとトコちゃんベルトと当帰芍薬散!

100人いれば100通りのお産があると言われますが、

妊娠・出産のトラブルもやはり数えきれないぐらいあると思います。

3人の出産はそれぞれ違うところもあれば、共通するものもあり、

産後の腰痛に関しては3人ともに悩み、今もなお悩み中です。

 

一人目は、産後尾てい骨痛が酷く、産後半年までは立ち仕事を続けると立っていられないほどの鈍痛に苦しみました。

あまりの痛さにレントゲンを撮りに行くと、整形のDrから「出産でこの辺は骨折しまくってるわけだからどうしようもない」と。

今でも長距離自転車に乗ると、尾てい骨痛が起きます。

 

二人目は、産後1か月ぐらいでぎっくり腰になってしまいました。

かと言って、赤ちゃん抱っこしないわけにはいかず・・・・

もう本当に二人目は乳腺炎・腎盂腎炎・ぎっくり腰のトリプルパンチでした。

しばらく整体に通いましたが、あまり変化はなく、あれこれ思案しているところで出会ったのが

「産後ヨガ」

出産により開いた骨盤を締め、緩んだ筋肉を鍛え、歪みを矯正するヨガ。

これに通ううちに、ぎっくり腰までの腰痛は起きなくなりました。

 

そんな二人の反省を踏まえ、3人目は産前産後、足しげくマタニティヨガ・産後ヨガに通いました。

それと共に、真面目に取り組んだのは「トコちゃんベルト」(表紙写真)

 

妊婦さんのほとんどの人が知っていると思いますが、骨盤を支えるベルトです。

妊娠中~産後まで長く使え、これを巻いていると本当に歩くのが楽!

一人目は、これを巻く余裕がなく、

二人目は夏の出産で暑くてついつい巻かず・・・

でも満を持して3人目は産後も半年ぐらいはほぼ毎日巻きました。

私の場合、尾てい骨痛が酷いので助産師さんに教えて頂き皆さんとはおそらく逆向きに巻いていました。

 

そして、ヨガとトコちゃんベルトと漢方!当帰芍薬散!

 

3人目、腰痛がそれほど酷くなかったのはこのお陰もかなり貢献したことでしょう!

もう私から言わせれば全ての妊婦さんに当帰芍薬散を飲んでほしい!

ご主人にはお小遣い削ってでも、当帰芍薬散を買ってもらいたい!

備えあれば憂いなし!

自分が思っている以上に、出産は体を消耗し、子育ては体力勝負です。

 

当帰芍薬散は「腎」を強める漢方です。

「腎」とは生命エネルギーが宿る場所。

出産は「腎」を消耗します。

今も昔も出産は命を懸けて臨むものです。

どうか皆さんが健やかな妊娠・出産・子育てができますように。

一覧へ

症状別で探す

漢方みず堂漢方相談簡易