顔はのぼせるが、足は冷える「上熱下寒」の漢方〜温経湯(うんけいとう)〜

顔はのぼせるが、足は冷える「上熱下寒」の漢方〜温経湯(うんけいとう)〜

顔はのぼせるが、足は冷える「上熱下寒」の漢方〜温経湯(うんけいとう)〜

上半身は暑いのに、下半身は冷えているという方は漢方の考え方では「上熱下寒(じょうねつげかん)」と言います。
上半身にばかり熱が溜まって下半身に熱が巡っていかないので、顔からは汗がダラダラ出るのに下半身はひどく冷えているという状態が起こります。
この場合、単に温めるだけでなく、お風呂のように「かき混ぜる」ことが大切です。
漢方薬の中には温める作用とかき混ぜる作用を持ち合わせているものがあります。

温経湯(うんけいとう)〜不妊症から不正出血まで大活躍!〜

温経湯と言えば、不妊症で一躍有名になった漢方ですが、散寒剤という冷えを取る漢方薬です。
温経湯が合う体質の特徴は、

①上熱下寒(顔はのぼせるが、足は冷える)

②唇の乾燥、口渇、手のひらのほてりがある

③顔色はくすんで黒っぽい

といったタイプで、冷え症をはじめ、生理痛、不正出血、生理がダラダラ続く、おりものが多い、など婦人科には大変応用幅の広い漢方薬です。

冷え症といっても、お風呂の状態。
上の方は熱いけど、下の方が冷たい。
その場合は、「温めること+かき混ぜること」が大切で、温経湯はまさにそういう漢方です。

中身を見てみると、

桂皮・生姜・呉茱萸・川芎・当帰・芍薬・阿膠・麦門冬・人参・炙甘草・半夏・牡丹皮

で、魅力的な生薬のオンパレードです!

麦門冬(体を潤す)、阿膠(体に栄養を与え、漏れ出る血を止める)あたりは、冷え症に使う漢方薬の中でも特徴的なものではないでしょうか。

温経湯であまりよくならない場合

胃腸が虚弱で、頭痛・生理痛が酷い場合は五積散(ごしゃくさん)をおすすめします。

流産や産後の消耗時の冷えのぼせには芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)をおすすめします。

冷え症にも様々なタイプがあり、やはり自分の体質に合った漢方薬を飲むことが大切です。他の冷え症のタイプも参考にしてみてください。

うずくような足の冷えと更年期の症状の改善例

【年齢】
53才女性
【症状】
#足の冷え
うずく様な気持ち悪さがある。足に血が行かず、疲労物質がたまっている様な感じがとれない。中学生の頃からで、冬場ひどい時は眠れない。特にこの夏は、今までに比べて症状が強かった
#更年期障害
1年前の生理を最後に、その後から上半身が暑く、汗がダラダラ出続ける
【体質】
暑がりで寒がり、汗かき、寝汗、風邪をひきやすい、疲れやすい、口渇、腹満、お通じすっきりしない、お小水2~3回、40代までは生理痛が強く、痛み止めを飲んでいた。
気にしやすい性格
ストレスは人並み
歯ぎしり・食いしばりで、マウスピースを着用して寝ている

巡らせる力が低下しているタイプの冷え症

冷え性も大きく分けると2種類。
温める力が不足しているタイプと、
温める力はあるが巡らせる力が低下しているタイプ。
この方の冷えは後者。
さらに閉経を機に、上熱下寒(上に熱が上り、下半身が冷える)傾向に。
なので、巡らせる力を助ける漢方を用いて、熱の偏りをとっていくことにしました。

服用経過

1ヶ月 :飲み始め1週間、あまり冷えが気にならなかった。のぼせ・ほてり・口渇なし。1年ぶりに生理が来た。歯ぎしりは変わらず、頬の内側に歯型がつく。

2ヶ月 :手足温かく過ごせている。うずく感じもしない。お通じすっきり出るようになっている。食いしばり減っているのか、マウスピースに傷がない!

3ヶ月 :外気が下がってきて、冷えはするが回復が早い。夜も冷え気にならず寝付けている。更年期の症状なし、生理はその後きていない。

4ヶ月 :冬場も風邪ひかず過ごせている。生理来た、痛みあったが痛み止め飲むほどではなかった。

6ヶ月 :冷えは気にならない。今度の夏が楽しみ。疲れも気にならない。生理はない。

8ヶ月 :元気!温かくなってきたが、ほてり、汗も大丈夫。上半身のお肉が気になるので、今回からは漢方ダイエットに挑戦!食事・運動共に頑張っている。

服用初め1ヶ月で、体の良い変化を実感!心配していた冬も元気に乗り越えることが出来ました。このように冷えと言っても原因は人それぞれ。是非ご自分に合った漢方薬をお飲みください。

一覧へ

症状別で探す