症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/06/30 (木)

[心を補う]

血液を送り出したり汗を作ったりと、夏に負担大の心を補うことでダイエット中の夏バテを予防!

心が血液を送ってくれているお蔭で、脾(胃腸)をはじめ全身の臓腑が機能し、筋肉が働き、脂肪も燃やすことができます。

☆Point☆
(1) 苦味のあるもので心の熱を冷ます
苦味のあるものは体内の熱、とくにヒートアップして心にこもった熱を冷まし、心を補ってくれます。
赤みの強い吹き出物や強い痒み、イライラして眠れないなどにも効果的。
[ゴーヤ、アスパラガス、緑茶、菊花、セージなど]

旬の夏野菜は体内の熱を鎮め、余分な湿気ものぞいてくれます。
[スイカ、冬瓜、きゅうり、なす、とうもろこし、えんどう豆、枝豆、そら豆、緑豆、レタスなど]

(2) 酸味のあるもので心の消耗を抑える
酸味のあるものは収れん作用があり、汗のかき過ぎやのどの渇きを抑えてくれます。
[梅、レモン、グレープフルーツなど]

甘味をプラスすると、汗で失った潤い補給や食欲回復にも。
[トマト、サクランボ、モモ、メロン、パイナップル、レモンのハチミツ漬けなど]


[早寝(早起き)]へ進む


<【夏の過ごし方 ~ダイエット編~】へ戻る