症状別ブログ

むくみと漢方

むくみと漢方

『立ち仕事が多く、夕方になると足がパンパンになっている。』など女性の方で"むくみ"にお悩みであれば、是非漢方みず堂にご相談ください。

そもそも「むくみ」とは体内の水分バランスが乱れ、めぐりが悪くなっていることで引き起ります。

人間の体は約50%〜60%を水分が占めています。水分は、血液中だけでなく、細胞内や細胞間(組織液)を循環しています。「むくみ」は、血液にあるべき水分が細胞間へ流れ出してしまい、組織液が増えて起こります。

特に女性はホルモンバランスなどに左右されることも多く、むくみが慢性化しやすいです。「妊娠中・妊娠後期」に象のような足になってきついとご相談いただくケースも多いです。また冷え性の方はむくみやすいですが、滞った水分は冷えを助長してしまうため、悪循環を引き起こし、冷え性が悪化してしまいます。

漢方では、むくみの原因がどこにあるのかを探り、自分で水分代謝できるようにするのが目標です。利尿剤とは違って、余分な水分だけを除いていくので、決して脱水にはなりません。

『むくみに長年悩まれている方・もう体質だと諦めている方』どうすればいいか、漢方みず堂と一緒に考えていきましょう。