症状別ブログ

生理痛・子宮筋腫と漢方

生理痛・子宮筋腫と漢方

女性の方で"辛い生理痛"にお悩みの方は是非一度、漢方薬局「漢方みず堂」までご相談ください。

そもそも"生理"とは「子宮内膜」という赤ちゃんを育てるベッドとなるところが、妊娠しなかった場合に剥がれ落ちて排泄される働きのことを言います。

子宮内膜が剥がれるためには子宮自身の筋肉を収縮して剥がす必要があるのですが、その際に感じる下腹部痛や腰の痛みが生理痛なのです。

生理痛に限ったことではありませんが、このような痛みにはプロスタグランジン(=PG)というホルモンが関係しています。

この"PG"は生理中になると子宮内膜で作られ子宮の収縮を促して経血をスムーズに体外に出す役割があるのですが、その一方で痛みを感じやすくさせる作用・炎症を引き起こす作用もあります。

生理前にはPGの分泌が多くなるのですが、血液がドロドロしており子宮から経血を出す際に強く収縮しなくてはならなかったりすると、過剰に分泌し生理痛がひどくなる原因にもなるのです。

生理痛はあって当たり前と思っている方もいらっしゃいますが、漢方では生理痛はないのが正常です。生理痛は、血行不良の証拠でもあります。鎮痛剤は飲んでいる間だけは痛みを抑えることができますが、同時に体を冷やしてしまいますので、全体としては悪循環になっていきます。漢方では痛みを抑えるのではなく、痛みが起こらないようにお一人お一人に合った解決方法で体質改善していきます。

また、「子宮筋腫」は漢方では古い汚れた血の集まったものだと考えます。やはり血の巡りが悪いことが要因となり、人によっては一つだけでなく、たくさんできてしまうこともあります。

漢方みず堂では『生理痛の痛みを、なんとか改善したい』『子宮筋腫の手術を避けたい』と、今まで多くの女性のお客様にご来店いただいております。

お客様の体質・症状に合った漢方をご提案しておりますので、生理痛・子宮筋腫にお悩みの方は是非ご相談ください。