みず堂ブログ

2016.10.21 自律神経を整える

 

こんにちは。

朝夕の冷え込みを感じる季節になりました。

季節の変わり目は体調も変わりやすい時期です。

また、自律神経が乱れやすい時期でもあります。

 

夜眠れない、疲れがとれない、身体の冷え、便秘、下痢、頭痛、肩こり、耳鳴り、

動悸、息切れ、めまい、ふらつき、イライラ、食欲不振・・・等

自分の意思で制御できない自律神経ですが、生活の中で整える方法があります。

 

①呼吸法

深呼吸で自律神経のバランスを調整する。

②その日のうちに寝ること

早寝、早起きを心掛け、生活のリズムを作る。

③3分早歩き、3分遅歩き

交互に行うことで交感神経と副交感神経の調節する。

④入浴する

できたら就寝前に温めのお湯で半身浴をする。

 

また、実践することもですが、良くなるという気持ちを持って行うことも大切です。

こうなりたい思うことで自分の身体もそれに応え、

なりたい自分へ近づくことができます。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

(中村)

 

 

2016.08.19 ものづくり

こんにちは。下通店の原田です。

最近ものづくりに目覚めました!!

ものづくりどんなものかというと

紙粘土で人形を作ることです。

紙粘土は小学校の低学年のころは図工の時間で遊んいた

記憶があるくらいで今では全く縁のないものでした。

(普通はそうだと思いますが)

紙粘土を使ってみようと思ったきっかけは

たまたま100均で見かけて、その時に

「そういえばこういうの学校で使っていたな、

工作や絵を書く時間、好きだったなと思い出したからです。

落ち込んだときに作っていると好きなことをしているせいか

心が軽くなります。

自分の好きなこと、趣味の時間を作ることは

自分ががんばろうと思う気持ちや、前向きでいられるために

必要な時間だと感じました。

心に余裕がないとき、ちょっと気分転換にそういう時間を

作っていきたいと思います。

 

 

クオリティは低いですが、日本人形です。

 

写真

2016.06.17 心も身体もリフレッシュ

こんにちは。

下通店の中島です。

6月に梅雨入りをして、ジメジメした日が続きますね。

この時期は、水の巡りが悪くなって体の中に溜まりやすいんです。

特に私は、足のむくみがひどくなってしまうんです。

今年こそは、ゾウさん足にはならないようになにかしなくてはといろいろ考えて

ある日、「あっ!!これしてみよう」とひらめきました。

下通店のお店から自宅まで歩いてみよう!と

そんなことを思いつきました。

すぐ行動に移して、実際に帰ってみました。

時間は1時間30分

距離はおおよそ9kmほど。

歩いていると、じんわり汗がでてきて、運動してる充実感がでてきました。

汗をかくことで、身体が軽くなり家に着いたときには、たくさんの汗が出て適度な疲労感もあったのですが

日頃の疲れが飛び去って、心も身体も楽になった感覚がありました。

 

身体を動かすことで、心もリフレッシュできたので私はこの習慣を今後も行っていこうと思います。

 

 

2016.05.20 姿勢を正す

こんにちは。

今、私が意識して続けていることを紹介します。

それは姿勢を正すこと。

 

私は元々猫背で歩いている時、椅子に座っている時、書き物をしている時

身体が前のめりになって視線が下を向いていたことがあり

格好もあまり良くありませんでした。

 

「これではいけない」と思い、意識して変えていきました。

まだ気づかないうちに猫背になることもあります。

しかし、姿勢が悪くなっていると気づいたら、「びしっ」と声を出して姿勢を正します。

 

姿勢を正して歩くことで視界が広がり、晴れやかな気持ちになり、格好も良いです。

逆に身体が前のめりになり下を向いていると気持ちも下向きになり、格好も悪いです。

心と身体は繋がっています。

 

晴れやかで、前向きな気持ちで過ごすことができるようにこれからも姿勢を正していきます。

 

下通店 中村

 

2016.04.15 地震!!気づいたこと。

夜、私が部屋でごろんと寝転んでくつろいでいたら、

 

急にがたがたと部屋が揺れ出し

 

食器棚のお皿やコップ、棚の置いている雑貨がつぎつぎ落ちだしました!

 

同時に電気も消えて部屋は真っ黒に!

 

今まで経験したことがない大きな揺れと

 

真っ暗で何がどうなっているのか分からないという状態で

 

すごく怖くてしばらく動けませんでした。

 

近所の人達が外に出てきたようで

 

「家の中ぐちゃぐちゃ」「怖かったー」とか

 

話し声が聞こえて、携帯も繋がらなかったので

 

周りの人の声を聞いて少しほっとしました。

 

しばらくして携帯もつながるようになりました。

 

職場の人や友達の家は窓ガラスが割れたり、玄関から家に

 

入れなかったりと被害が大きかったようです。

 

それでも怪我をした人はいなくて本当によかったです。

 

それに家族や職場の人、またしばらくあっていなかった友達からも

 

「大丈夫?」「怪我なかった?」「電話が通じなかったから心配したよ!!」など

 

と心配して連絡してあったことがとても有難いと思いました。

 

周りにいる人の思いやりの気持ち、暖かさを感じました。

 

大きな災害や地震など自分の身には起きないだろうとどこか他人事のように

 

思っていた自分がいて、今回地震が起こり怖い思いをして

 

他人事ではないし、いつ何が自分の身に起こるか分からないし

 

11日当たり前に過ごせることって幸せなことだと

 

改めて実感した日となりました。

 

下通店 原田