みず堂ブログ

  • ゆめさき店
  • BLOG > 
  • TOP > 

2016.11.09 ぎんなん

11月に入りめっきり寒くなりましたね。

街路樹の葉も一段と色を増してきて、秋の深まりを感じます。

大和漢方水堂の近くにある大イチョウも黄色く色づき、

もうじき見ごろを迎えるようです。

 

イチョウの実と言えば、秋の味覚『ぎんなん』ですね!

先日父が親戚からもらって来たぎんなんを食べながら、ぎんなんのことが

気になったので調べてみました。

 

銀杏(ぎんなん)の原産地は中国。イチョウ科イチョウ属のイチョウの木の実ですが、

食べられているのは果肉ではなくその中にあるかたい殻に覆われた仁と呼ばれる部分です。

独特の悪臭を放つ外皮に素手で触るとかぶれてしまうので、

皮をむくときは必ず手袋を使用するようにしましょう。

古くから咳止めや痰きりの漢方薬として利用されていて、肺の熱を取って潤し、

咳や痰をはじめ慢性の気管支炎などを鎮める薬効があるのだそうです。

他にも尿の出を抑制する作用があり、頻尿や夜尿症の改善にも効果があると言われています。

βカロテン、カリウム、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンC、パントテン酸など

栄養素も豊富に含まれていて、

疲労回復、高血圧予防、眼精疲労の改善にも効果があるとされています。

 

 

ぎんなんの小さな実の中には栄養が詰まっているのですね!

栄養豊富なぎんなんですが、食べすぎると腹痛や嘔吐、下痢などの

中毒を起こすおそれがあるので、くれぐれも食べすぎには注意して、

秋の味覚を楽しみましょう。

 

 

村山

 

2016.09.26 私のお盆休み!

     こんにちは!

上田有美香の旅ブログ、第3弾です。
今回はお盆の出来事をお話ししたいと思います。
今年は初めてお盆の帰省というものを体験しました。
ピーク時よりは少し前に、しかも飛行機で帰りましたので
テレビでよく見る「新幹線乗車率120%」などには巻き込まれずに済みました。
お盆前半は大阪に帰省し、高校・大学時代の友人と懐かしい思い出に浸りながら近況報告もし合い
れているけどお互い頑張ろうと別れました。
後半は家族で大阪から佐賀まで車で帰りながら2〜3日で色々な場所に立ち寄りました。
まずは山口県の角島。
SNSに投稿されていたいつか見たいと思っていた絶景を見に行きました!
この日はよく晴れて海も青く澄みとても綺麗でした。
 tuno
その後私たちグルメ大好き家族は長崎へ本場の佐世保バーガーと長崎ちゃんぽん、皿うどんを食べに行きました。
皿うどんを頼むと想像していたものではなく揚げ麺ではない焼きそばのような皿うどんが出てきてびっくりしました。
揚げていないものも麺がもちもちして美味しかったです。
雲仙地獄めぐりにも行きましたよ〜。
 zigoku
最後に熊本県の黒川温泉と鍋ヶ滝を訪れました。
黒川温泉ではとても小さな洞窟風呂に入りました。
脱衣所も外の方から見えそうなほどオープンでヒヤヒヤしながら入りました(^_^;)
鍋ヶ滝はたまたま標識を見つけて立ち寄ったのですが、
滝の裏側にも入れてマイナスイオンをたっぷり浴びてきました。
 takitakiura
ここで鍋ヶ滝とか…
熊本県と大分県の県境にある阿蘇郡小国町(おぐにまち)にある美しい滝。
滝の高さは9m、長さ20mと小さめの滝で、新緑の頃は特にその姿は美しいと評判に。
その形と、あまりの美しさから「水のカーテン」と別名がついたほど!
10年ほど前の「お〜いお茶」のCMに起用されたことからその名が広まったそうです。
これにてわたしのお盆休みは終了です
こんなに家族と過ごしたのは久しぶりでした。
近くにいるとなかなか気づけない家族の大切さ、離れてみてその大切さが身に染みてわかりますね。
遊んだ分また頑張ろうと心に誓いました。

2016.08.22 ゆめさき店 キッズ薬局2016

 ゆめさき店では今年もこども薬剤師体験イベント「キッズ薬局」を開催します。

今年は8月3日と、明後日8月24日の2回開催です。

 ゆめさき店のキッズ薬局では、お母さん(保護者の方)に患者さん役になっていただき、キッズ薬剤師がお母さんから処方箋を預かり、ラムネ菓子の錠剤の分包と、ジュースを使ったシロップ剤を作って、患者さんであるお母さんにお薬の説明をして渡してもらうスタイルです。

(去年:2015年キッズ薬局の様子はこちら)

 

 今年、8月3日は午前、14時、16時の部の、計3回行い、最初の午前の部はおへそ保育園の園児さん10名で行いました。この回のみは保護者の方は来られず、保育士さん2名と園児さんだけの参加でしたので、園児さん同士で患者さん役もやっていただきました。今回はおへそ保育園の保育士さんが撮影した写真と、私たちが撮影した写真を交えて、8月3日当日の様子を紹介します。

おへそ_はじまり

 おへそ保育園の子たちは皆お互いに顔なじみのせいか、始まりからテンションMAX。とても楽しそうに薬を作って、薬を渡す時も大きな声でお友達を呼んで、にぎやかにお薬の交換をしていました。

2sa 2s 1s

 

 どのくらい楽しそうかというと、↓これくらいです。

3s

 

 午後の部ではもう少し大きい小学生の子の参加もあって、すこし落ち着いた雰囲気になりました。

5s 4s

 明後日8月24日も、予定している3回とも、全て予約で埋まりました。

薬剤師体験を楽しんでいただけたらと思います。

ゆめさき 湯川

2016.07.25 長崎旅行へ行って来ました!!

今月の担当は新入社員の上田有美香です。

前回のブログで自己紹介をさせていただいた際、旅行が趣味とのことで

早速行ってきました!

行先は長崎!!メインはなんといっても2日目の軍艦島見学!

1日目はハウステンボスへ!しかしあいにくに雨・・・

ハウステンボスでは通常1500円で販売しているカッパを雨の日は200円で購入できるそうで、皆さんカラフルなカッパを着て楽しんでいました。

私はピンクをチョイス!

屋内ではカステラやソーセージの試食、お酒の試飲をして楽しみました。

ソーセージの試食には行列ができるほど人気でしたよ。

夜は展望台から園内のライトアップが一望でき、とても綺麗でした。

ハウステンボス 夜景

2日目は軍艦島見学へ!!

雨で上陸できないのでは?と言われていたのが嘘のような晴天!

軍艦島へは長崎港からフェリーで向かいます。

ここで軍艦島の紹介を少し・・・

「軍艦島」というのは実は通称で、正式には「端島(はしま)」と言います。

東西約160m、南北約480m、周囲約1200m、面積約63000㎡という小さな海底炭鉱の島で岸壁が島全体を囲い、

高層鉄筋アパートが立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになったそうです。

1974年に炭鉱が閉山し、長い眠りについた「端島炭鉱」ですが2015年に世界文化遺産に登録され石炭産業の歴史を今に伝えています。

軍艦島 引き軍艦島

最近では映画「進撃の巨人」のロケ地にもなり注目を集めています。

最盛期で5300人もの人々が住んでいたと聞き、とても信じられませんでした。

 

軍艦島内は軍艦島コンシェルジュという方々が案内してくださいます。

もし機会があれば訪れてみては??

ゆめさき店 上田

2016.07.13 玄米甘酒

みなさん、こんにちは。

ゆめさき店の田中です。

 

梅雨のじめじめとした日が続いておりますが

梅雨が明けると暑い日が続きますよね。

 

そんな暑い夏を乗り越えるためにお勧めしたい商品が

オーサワジャパンの「オーサワの有機玄米甘酒」です♪

 

 甘酒

写真はオーサワジャパン公式サイトから引用しております。

 

秋田産有機玄米と秋田産有機玄米麹のみでつくられた

やさしくてまろやかな甘さの甘酒です。

 

甘酒は、冬の飲み物のイメージが強いですが、江戸時代には

夏バテ防止の飲み物として売られていました。俳句の世界でも

甘酒は夏の季語になっていました。甘酒は、夏に不足しがちな

「水分」「塩分」「糖分」のほかにビタミンB1B2B6、アミノ酸に

パンテトン酸など人間に必要なほぼ全ての栄養を手早く補給できるため

昔ながらの“夏バテ対策飲料”としてあらためて注目されています。

 

「オーサワの有機玄米甘酒」は2種類あります。

玄米麹の殻がそのまま入っている「粒」タイプ (250g 367円(税込))

★濾している「なめらか」タイプ (200g 367円(税込))

 

お湯で割っても水で割ってもおいしくいただけます。

つぶつぶとした食感を楽しみたい方は「粒」タイプがお勧めです。

なめらかな方がお好きな方や甘味料として料理やお菓子作りに

使いたい方は「なめらか」タイプがお勧めです。

もちろん「粒」タイプでも濾したら料理やお菓子作りにも使えます。

 

アルコールは含まれてなく、砂糖不使用なのでお子様からご年配の方まで

みなさんにお勧めです♪

 

みなさん、甘酒を飲んで今年の夏を乗り切りましょう!