みず堂ブログ

  • BLOG
  • TOP > 

2019.03.14 アレルギー性鼻炎と漢方

1.アレルギー性鼻炎とは

アレルギーとは、何らかのアレルゲンに対して、体の防御反応が過剰に働くことを言います。つまり、根本的には免疫機能の異常とも言えます。

その中でも、アレルギー性鼻炎は、何かのアレルゲンに対して、鼻水・くしゃみ・鼻づまりといった症状が出ます。

漢方的にはアレルギー体質は肝心脾肺腎のうち、「肺」系統が弱いと捉えます。気血水では「水毒」を一番の原因と考えます。もちろん、肺や水毒以外も複雑に絡み合っている場合もありますが、基本的には顔色が青白い、ポチャポチャと水が溜まっているタイプが多いです。

>>>水毒の方の例

アレルギーも肥満も水毒!同時に改善!

 

2.後鼻漏とは

最近増えてきたご相談に後鼻漏があります。鼻水が喉のほうにおりてきて、へばりついて気持ち悪かったり、咳が出たりします。口臭の原因になることもあります。

普通の人でも鼻水は喉におりてきているのですが、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の方は鼻水が粘性をもつため、大変不快になります。鼻炎の方の増加に比例して後鼻漏でお悩みの方が多くなるのは当然のことですね。

子供の咳が続く時に、咳止めではなく鼻水の薬で咳が治まることが多々あります。子供は鼻から喉へ鼻水が流れやすい角度になっているので、後鼻漏になりやすいです。

>>>後鼻漏の方の例

後鼻漏(こうびろう)には体質改善!

>>>後鼻漏についての詳しい記事

後鼻漏と漢方〜3ヶ月で症状ゼロになった方の実例も〜

3.アレルギー性鼻炎の原因と症状

アレルゲンとなる原因物質は様々ですが、アレルギー性鼻炎を引き起こすアレルゲンとして多いものからあげると、①ハウスダスト②花粉③真菌です。

しかしながら、上記のようなアレルゲンは同じ環境に住んでいる人には平等にふりかかるものなのに、なぜアレルギー症状を起こす人と起こさない人がいるのか??昔は平気だったのに、大人になって突然アレルギー症状が出たりするのか??と思いませんか?

やはり、アレルギーは体の内側の問題です。漢方では「内因」と呼びますが、体の中の環境が整っていないとちょっとした外からの刺激でアレルギーが出たり、風邪を引くのです。どんなにアレルゲンを排除しても、内因をどうにかしない限り、また新たなアレルギーを引き起こすのです。実際にアレルギーマーチと言われるアレルギーの連鎖は多くの人が経験していることです。

>>>様々なアレルギーがある方の例

病院の薬激減!9歳の鼻炎・喘息・アトピー

治らないと言われたアトピー、鼻炎、喘息が奇跡の改善

 

4.通年性の鼻炎(血管運動性鼻炎)との違い

血管運動性鼻炎の症状はアレルギー性鼻炎とよく似ていますがアレルギーではなく、特定のアレルゲンもありません。

アレルギー性鼻炎の方が、いつのまにか年中鼻炎になったりしますが、最初はアレルゲンに反応して症状が出ていたのが慢性化し、鼻の粘膜が弱くなり、通年鼻炎になってしまいます。

点鼻薬を乱用したり、アレルギー薬を長期的に使用することでも鼻の粘膜は弱くなってしまいます。

>>>花粉症から慢性副鼻腔炎になった方の例

レーザー治療後も繰り返す副鼻腔炎

>>>西洋薬の使用についての漢方的見解

花粉・黄砂・PM2.5は“渇く”と侵入してくる

 

5.アレルギー性鼻炎と漢方

アレルギー性鼻炎に関わらず、漢方の場合は「証」と言って、体質に合ったものを服用することが大切です。

大きく分けると、熱/寒(熱症状または熱がこもっている/冷えが関係している)、体力がある/ない、によって使用する漢方薬は全く違い、ここを捉え間違えると効果がないどころか、体に悪影響が出ることもあります。

>>>証を見分ける重要性が分かる例

#漢方飲んでみた#くしゃみでなかった#鼻水減った#40年来の鼻炎

 

アレルギー性鼻炎の場合、症状を取るものと、根本的な体質改善をするものがあり、代表的な「小青竜湯」は症状を取る漢方薬です。ですから、症状が緩和されはするものの、再びアレルゲンに触れると症状が出ます。

つまり、根本的な体質改善をコツコツとしながら、症状が出た時には症状を取る漢方薬で対処するというのが、正しい体質改善の方法です。中には、症状をとりながら、体質改善にもなる漢方薬もあります。(6.おすすめの漢方薬の※が該当)

>>>症状を取りながら、体質改善の漢方を飲んだ方の例

虚弱体質のアレルギー性鼻炎

 

最初にアレルギーは漢方では「水毒」とご説明しました。漢方で水の代謝に関わるのは「脾」「肺」「腎」の3つです。

なぜ水毒が起こっているのか?は脾肺腎のどこに問題があるのか?を突き止める必要があります。また、この3つが複数関係していることもあります。

【脾が関係する水毒】

■胃腸が弱い ■水分を取るとお腹がポチャポチャいう ■むくみ

アレルギーの方で最も多いのはこのタイプ。子供のアレルギーのほとんどは、胃腸が関係しています。

胃腸の働きが不十分または水分の取りすぎで、水が溜まってしまうタイプです。

>>>脾が関係するアレルギーの例

胃腸を整えると副鼻腔炎も治った!~11歳男子の体質改善~

1か月で箱ティッシュとさよなら!小6男児の副鼻腔炎」(脾と肺が関係している例)

【肺が関係する水毒】

■顔色が青白い ■喘息 ■未熟児で産まれた ■便秘

いわゆる、アレルギー体質は「肺」が生まれながらに弱い場合があります。

>>>肺が関係するアレルギーの例

家族全員蓄膿症。遺伝は体質改善できる?

1か月で箱ティッシュとさよなら!小6男児の副鼻腔炎」(脾と肺が関係している例)

【腎が関係する水毒】

■冷え性 ■温まると症状が改善する ■足のむくみ

体の余分な水分は最終的には尿として排泄する必要があります。冬場に症状が悪化したり、年齢と共にアレルギー症状が出るようになった場合は根本的には腎を強くしていきます。

>>>腎が関係するアレルギーの例(冬場悪化)

私のアレルギー体験

 

6.アレルギー性鼻炎と食事

人は食べ物のおばけという本がありますが、体は自分が食べたものでできています。当然、食べたものの影響を存分に受けます。

アレルギーは水毒ですので、水分の取り方はとても重要です。水分を控えるだけで症状が緩和される人も多いです。

お小水の回数が5~6回以上であれば水分を控えましょう。特にコーヒーやコーラ、緑茶などは体を冷やす性質もあるため控えたい飲み物です。

体を冷やすと水が溜まりやすくなります。というのも、余分な水を外に出す働きの腎・膀胱系は冷えると働きが鈍くなります。漢方的に、白砂糖は陰性の強い食べ物なので、体を冷やす性質があります。

>>>体を冷やす原因を排除することで症状が劇的に改善した例

アレルギーと砂糖の深い関係

 

特にお子さんのアレルギーの場合、以下の5つのことをまずは試してみてください。

①水分を控える

②甘いものを控える

③食事中にお茶はあげない

④生ものは控える

⑤朝食に体を温めるものを取り入れる

>>>詳しくはこちらをご覧ください

子供の花粉症は薬を使わないで治す!

 

7.おすすめの漢方薬

【症状を取る代表的漢方薬】

小青竜湯

・小青竜湯加石膏

・苓甘姜味辛夏仁湯※
・麻黄附子細辛湯
・葛根湯加辛夷川芎
・辛夷清肺湯※

・荊芥連翹湯※

【体質改善の代表的漢方薬】

・五積散※

・苓桂朮甘湯

・連珠飲
・六君子湯
・当帰芍薬散
八味地黄丸
・黄耆建中湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

 

8.妊娠中のアレルギー性鼻炎

漢方薬と言えども、妊娠中に使用できるものは限られます。詳しくは>>>妊娠中の花粉症に小青竜湯はダメ!

ただし、妊娠後期にもなれば、小青竜湯を数日飲むぐらいは全く問題ありません。

妊娠するとどうしても気血水の巡りが悪くなります。つまり水毒も起こりやすくなります。妊娠中は基本的には当帰芍薬散を飲みながら、アレルギー症状が出た時は苓甘姜味辛夏仁湯を飲むといいでしょう。

 

2019.02.01 月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)と漢方

 西洋医学での定義・診断・治療

月経前症候群(PMS)と月経前不快気分障害(PMDD)の定義・原因

日本産科婦人科学会でPMSは「月経前、3〜10日の黄体期のあいだ続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないし消失するもの」と定義されています。それに対して米国精神医学会は「単なる精神疾患の悪化でない、月経前に繰り返される気分変調」を月経前不快気分障害(PMDD)としています。PMDD は抑うつなどの精神症状を伴う最重症型の PMS として位置づけられています。特に精神症状が重いのがPMDDです。

生理のある女性の70〜85% は黄体期から月経にかけて何らかの症状を自覚しますが、5〜10%は実際に治療が必要とされる重症 PMS・PMDDであると言われています。

原因ははっきりとはわかっていません。黄体期の後半(生理の前)に黄体ホルモンが急激に下がることで脳内ホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすと考えられています。

参照 日本産科婦人科学会雑誌64巻9号N-117

代表的な症状

図1

MSDマニュアル プロフェッショナル版より改変

症状はひとつとは限らず、同時に複数現れます。イライラ、のぼせ、下腹部膨満感、下腹痛、腰痛、頭重感、怒りっぽくなる、頭痛、乳房痛、落ち着きがない、憂鬱の順に多いとされています。特に精神症状が強い場合には、絶望感や自殺願望が現れることもあり、PMDDと診断されます。

分かってもらえないという苦しみ

多くの女性が経験しているPMS・PMDDですが、男性の認知度はわずか1割程度。生理痛の認知度が7割を超えるのに対し、認知度が低いのが現状です。6割近くの女性が、周囲に理解してもらえずストレスに感じています。(2012 年 PMS(月経前症候群)*に関する男女の意識調査

診断・治療

診断は、問診やアンケートでの評価が中心です。他の疾患を否定するための血液検査や経腟エコーを行うこともあります。PMDDに関してはより厳密な診断基準があります。

治療に関しては、日本産科婦人科学会のガイドライン上、カウンセリング・生活指導や薬物療法(精神安定剤、利尿剤、鎮痛剤、漢方等)を選択することが推奨されています。また、低用量ピルを使うことを考慮することも勧められています。

 

PMS・PMDDで処方される薬の例

図1

産婦人科診療ガイドラインー婦人科外来編2017より改変

ただ、原因がはっきりとわかっていない以上、これらの薬物は対処療法であるといえます。

また、同ガイドラインでは根拠がないとしながらも漢方薬を証に合わせて使うことも明記されており、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散、桃核承気湯、女神散、抑肝散を挙げています。

中医学での原因

婦人を見たら肝病を疑え

中医学では、体内を肝・心・脾・肺・腎という5つのグループに分けて考えます。解剖的な内臓としての意味だけでなく、人体の働きや機能を5つに分類したものです。この五臓は、お互いに助けたり(相生)、抑制したり(相克)しながらバランスを保っており、それが乱れることで体調不良や病気になると考えます。

 

五臓_img

 

「肝」は五行論では「木」の性質があり、血を蔵し、全身の流れをつかさどっています。精神情緒の活動を調節したり、気や血を通じさせる作用があるのです。のびのびとしているのが好きですが、一方で塞ぎ込みやすいという性質もあります。

子宮は「血海」という経絡の集合している場所とつながっています。字の通り、生理周期によって血が海のように満ち干きします。中医学では生理や妊娠などの異常は血海の異常と考えます。

肝は血を蔵してその分布にも関わっていますので、血海とも非常に深い関係です。肝の伸びやかさが失われ気血が滞れば、血海にも影響が出て、生理などの異常につながることがあります。また、生理前の血海は満ちているときに、パンパンに張って緊張しがちです。そうすると、肝の伸びやかさが失われ、精神情緒へ影響が出たり、全身の気血が滞ることで様々な不調が出てくるのです。その際、鬱々とした肝から熱が発生することがあります(肝鬱化火)。その熱がのぼせとして現れたり、他の臓、経絡へ波及して症状が出ることがあります。そして生理が始まり血海が空になるとその緊張は解け、症状はなくなっていきます。

また、肝は胃腸とも関係しているので(相克)、生理周期によって食欲が増減したり、お通じが不安定になったりすることがありますし、乳房痛なども胃腸と肝の経絡の連絡がうまくいかずに起こります。心とは相生の関係ですので、その関係に影響が出ると、動悸や不眠、判断力低下、パニックなどの症状が現れることがあります。

高名な中医学の先生の中には、「婦人をみたら肝病を疑え」や「肝は女性の先天だ(女性の本質は肝にある)」と言った方もいるほど、女性の健康にとって「肝」は非常に重要なのです。

中医学での治療

「肝」が原因ではありますが、肝の不調がどこにどのように起こっているのかによって使う漢方は様々です。大きく実証・中間証・虚証タイプに分けて、代表的な漢方を一部ご紹介します。

実証

<桃核承気湯> 血の滞りが強く、のぼせ、イライラ、動悸、便秘、生理前にシミが濃くなる。

<通導散> 血の滞りが強く、桃核承気湯より気の滞りが強い方。

<大柴胡湯> 気の滞りが強く、肝鬱化火がある。膨満感、イライラ、悪心や胃の痛み。

<黄連解毒湯> 熱を冷ます処方。のぼせやほてり、イライラ、充血、不眠、鼻血。

中間証

<桂枝茯苓丸(加薏苡仁)> 血の滞りがある。腫瘍がある場合にも。冷えのぼせ、下腹部痛。

<柴苓湯> 小柴胡湯+五苓散。肝鬱化火があり、水分も滞っている方に。血を補うものがないので、血虚には単独で用いない。

<芍薬甘草湯> 引きつりや、引きつるような痛み、痙攣に頓服で使用。

虚証

<加味逍遙散(合四物湯)> 気血が虚しているものの、肝鬱化火。お通じが不安定(緊張などで便秘や下痢になるなど)など肝脾不和がみられるもの。

<女神散> 気血が虚していているものの、気の滞り、肝鬱化火。便秘。

<柴胡桂枝乾姜湯> 神経を安定させる作用がある。肝鬱化火。不安感、焦燥感、不眠、動悸。

<抑肝散(加陳皮半夏)> 少し気血が虚しているものの、歯ぎしり、めまい、痙攣、不眠。

<加味帰脾湯> 胃腸が弱く、気血が虚しているものの、不眠、不安、動悸など。出血傾向。

<当帰芍薬散> 血が不足しているために血行不良になっているものの、冷え症、めまい、むくみ、生理不順など。

<(柴芍/香砂)六君子湯> 普段から胃腸が弱く、下痢をするもの。また、食欲の低下しやすいもの。

 

漢方で改善した実例

人格が変わるほどひどかったPMDDが数ヶ月で軽減

31歳。人から憧れられる、そして、夢中になれる仕事ゆえに、いつも全力投球。休みなく働いていました。体調管理も気をつけているし、健康に関する勉強もしているのに・・・。そんな頑張り屋の女性のお話です。

いつの頃からか生理前は、イライラ。だんだんとそれが制御できないほどひどくなり、他人にも物にもキレてしまう。そして自己嫌悪。訳もなく涙が止まらず、何もかもが嫌になり、全てを捨てていなくなってしまいたくなる気持ちに。そんな辛い状態が毎月やってきました。何とか改善したくて、仕事もやめ、田舎暮らしをしてみたり、健康道場のところへいったり、良いと思うのもは全て取り入れたけど改善の兆しは見えず、最後の砦という気持ちで漢方に辿りつきました。

最初にお話をお伺いした時、あまりに頑張りすぎていて体が悲鳴をあげている、と感じました。やはり「肝」の異常です。この方の場合、西洋医学的にも貧血があり、肝に蓄えられている血が少なく、さらに過労で血を消耗し続け、なかなかそれを補うことができない状況がベースにありました。そこに生理前と、緊張が加わり、「肝」の伸びやかさが失われ、緊迫し、自律神経や情緒に影響したのです。

漢方は、肝をのびやかにさせるもの、そして消耗した「血」を補うものをおのみいただきました。スタートして2ヶ月目には心身共に軽くなり、4ヶ月目にはイライラもほとんどなくなり、キープしています。そして、食べ物も自然と甘いものやお肉を食べたいと思わなくなりました。砂糖とお肉はマクロビの世界では、極陰と極陽。真逆の性質があります。食べすぎはよくありません。体のバランスがとれていくことで、食べるもののバランスも自然と良くなりました。

そして、大事なのは気持ちの事。初めてお会いした日からずっと「自分を認めること」をお話し続けました。調子が悪いのも大丈夫。うまくいかないことがあっても大丈夫。全部無駄な事はありません。白黒ハッキリつけたり、良いこと以外はすべてダメだと答えを決めてしまったり、あまり窮屈になることは心にとって良くないこともあります。心身一如、心と体はつながっています。サインを見逃さず、自分を認めることで健やかに人生を過ごしていきたいですね。

 

漢方みず堂杏林堂薬局ピーワンプラザ天王店 大森 康次

 

この食欲が怖い〜産後のPMSに悩む〜

生理前のイライラ・ニキビ・便秘に漢方!

PMSには疏肝解鬱(そかんかいうつ)

これってPMS?ひと月の半分が不調

2018.11.19 後鼻漏と漢方〜3ヶ月で症状ゼロの例〜

3年治らなかった後鼻漏が治った実例

56歳、働き盛りの男性。

きっかけはストレスだと感じていらっしゃいました。最初は痰がよく出るなぁと思っていたのが、だんだんとひどくなり、鼻から流れる痰を吐き出さないと気持ちが悪いし、どんどん溜まるので本当にしんどいということでした。特に仕事終わりが辛く、鼻うがいを1日4〜5回もしていました。TVCMやインターネットでみた辛夷清肺湯を半年ほど続けて飲んでいましたが、余り調子はよくならず、どうにかならないかというご相談でした。後鼻漏以外はとてもお元気な方ですが、ストレスフルな生活をなさっていて、バランスを崩している印象でした。

そこで体の汚れた水を排出しながら、ストレスによる慢性炎症を改善できる漢方を飲んでいただいたところ、1ヶ月後には、鼻うがいの回数が激減!3ヶ月後には全く気にならなくなりました。

西洋医学的な原因と治療

後鼻漏とは?

鼻の中は粘膜が覆っていて、鼻水などの粘液が1日に6リットル近くつくられます。この粘液は、粘膜の表面にある「繊毛(せんもう)」という細かいブラシのような構造によって喉の奥に送られ、私たちは知らず知らずのうちに飲み込んでいます。病気でなくても喉に鼻水や液がたまることはあり、鼻や喉を保護する体の働きです。

しかし、この仕組みがうまく働かなくなると、鼻水が増えて鼻の奥にたまったり、粘っこい鼻水が喉に落ちるという症状が現れます。これが「後鼻漏」です。

原因と治療

①副鼻腔炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症):副鼻腔に炎症が起き、膿としての鼻水が多量に生産される。X線検査で副鼻腔に膿が溜まっているかどうかの診断がつく。マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン)には鼻副鼻腔粘膜の繊毛運動活性化作用があり、カルボシステイン(去痰剤)を併用することで繊毛運動活性化が活発化される。薬物治療で改善がない場合、内視鏡下での鼻副鼻腔手術が必要。ただし、手術を行っても後鼻漏の症状が完全に消失しない場合もしばしばあり、特に鼻副鼻腔粘膜に好酸球が多い場合、手術を行っても後鼻漏は改善しないことが多いとの報告も。

zu

 

②鼻炎(アレルギー性鼻炎):X線で副鼻腔に炎症がなく、特定の原因がない場合、鼻炎として治療することも。アレルギー検査し、避けることで症状悪化も予防できる。抗アレルギー剤のうち、ロイコトリエン受容体拮抗剤(キプレス、オノンなど)が有効。

 

③上咽頭炎:風邪がきっかけだったり、アレルギーなどで上咽頭に炎症が起き、膿が発生する。慢性化することも多く、自律神経症状を伴うことも。また、腎臓病や関節炎、膠原病などと関連があるともいわれる。急性であれば抗生物質が処方されるが、慢性化した場合は塩化亜鉛塗布などが行われる(できる施設が限られている)。

yokodanmen4

 

④加齢による粘膜の変化によるもの:根本的治療法は確立されていない。マスクや加湿などが有効な事も。

中医学的な原因と治療

<実証>

1、肺経風熱:鼻水は黄色か白色で、粘り気があって量が多い。鼻づまりは継続的だったり間欠的だったりする。嗅覚が低下し、鼻粘膜が発赤腫脹する。

全身では、発熱悪寒、頭痛、咳、痰なども同時に出ることがある。肺という呼吸器を主るところは鼻と繋がっています。風熱邪毒が肺の経絡へ入り、鼻へ鬱滞すると粘膜を焼き、発症します。

代表処方・・・辛夷清肺湯

 

2、胆腑鬱熱:鼻水は黄色で濁っており、粘稠、量が多く、鼻腔上部から流れ出し、臭いがあり、嗅覚が低下。鼻粘膜が腫張し発赤が顕著。激烈な頭痛があり、眉間や頬部に痛みがある。全身では喉の乾燥、耳鳴り、目の充血、睡眠不足で夢が多い、怒りやすい、などの症状も同時に見られることがある。漢方で胆は、自律神経を主る「肝」と表裏の関係といって連携しており、胆汁を貯めたり排出したりして消化吸収の一役を担っている他、胆は肝と協同して疏泄(精神情緒の活動を調節したり、気血を通じさせる)作用があります。胆の気は脳に通じていますし、胆は決断力にも関わっています。感情が抑鬱したり、怒りが過ぎたりすると、胆は疏泄ができなくなり、気が鬱して火へと変化し、胆火が上部を侵犯すると熱が脳へ移り、損傷が副鼻腔に波及して気血を焼灼すると、粘膜を灼いて腐敗させ、鼻水が発生します。

代表処方・・・竜胆瀉肝湯、荊芥連翹湯

前立腺炎・頻尿・目の充血は肝経湿熱

 

3、脾胃湿熱:鼻水が黄色く濁って量が多く、鼻腔からチョロチョロと流れ続ける。ひどい鼻づまりになると嗅覚がなくなることも。鼻腔内は発赤腫張し、痛みも伴う。特に腫張が顕著。全身では、頭が重く痛みがある、体がだるい、食欲不振などの症状も出ることがある。

脾胃とは胃腸のこと。普段から酒・脂っこいもの・甘いものを好んで摂取していると湿熱(ドロドロしたお水に熱が加わったもの)が発生し、それが溜まってくると胃腸の機能を損ねます。胃腸は食べ物を消化したり水分を運んだりしていますが、その機能が失調すると、必要なエネルギーが作られない上に未消化の汚れたものがたまります。そのために湿熱が上部を蒸し、副鼻腔内に停滞して集まると、副鼻腔内の粘膜を焼灼して損傷し、鼻水が発生します。

代表処方・・・茵蔯五苓散、茵蔯蒿湯

便秘で眠れない!〜脾胃湿熱からの心火旺〜

 

<実証〜中間証>

1、肝気鬱結:症状に波があり、痰や鼻水の形状も様々。全身では、暑かったり寒かったり、胸や脇腹が張る・痛い、口が苦い、喉の乾燥、排尿異常、汗の異常など、自律神経がバランスを取れなくなった場合の症状が多く見られる。

様々なストレスが原因で、肝の疏泄機能に異常をきたし、肝気が鬱結して気滞痰凝となる。鬱から熱や火へと変化して火熱上亢となると、上咽頭や副鼻腔の粘膜を焼灼して損傷する。

代表処方・・・「柴胡」を含むいわゆる柴胡剤と呼ばれる漢方。抗炎症作用に優れる。

喉の痛みに小柴胡湯加桔梗石膏

 

<虚証>

1、肺気虚寒:鼻水は白く粘り、鼻がつまる(重い場合も軽い場合もある)。風や冷えなどの刺激で悪化する。全身では、めまいや体の冷え、咳や痰などの症状が同時に出ることがある。

長患いのために体が弱くなったり、病後の栄養失調などといった原因により、肺(呼吸器系)が虚損して肺気が不足していると、防御機能が弱くなって、外からの邪毒に犯されやすくなり、邪が鼻に停留します。この鼻水は潤いを損傷したものなので、白く粘り気があって無臭です。

代表処方・・・葛根湯加川芎辛夷+肺気を補う黄耆などを配合している処方(補中益気湯など)

2、脾気虚弱:鼻水は白くて濃く粘る、または黄色く粘稠、量は多く無臭。鼻閉が重く、嗅覚が低下し、鼻腔粘膜の腫張がひどい。全身では、体がだるくて脱力感があり、食が細くお腹が張る、便が緩い、顔色が良くないなどの症状を伴うこともある。

飲食の不摂生、過労、悩みすぎによる鬱結などのために脾胃を損傷し、脾胃が虚弱になると消化機能が失調します。そのために「気(元気)」や「血(栄養分)」などが作られなくなると、鼻は気血による栄養を失ってしまい、邪毒により長期間困窮させられると、粘膜が腐敗して濁った鼻水が分泌されるようになります。また脾が弱く水分代謝がうまくいかないと、湿(汚れた水)がたまり、それが上部に移行すると鼻水となります。

代表処方・・・参苓白朮散、補中益気湯などに湿気を取り除けるようなものをプラス

3、肺陰虧虚:痰は粘ついて少なく、時にむせる。喉の乾燥、不快感がある。全身では頬の紅潮、手足の中心が暑くなる、精神疲労、言葉に力がないなどの症状を伴うこともある。肺の水分が不足することで火がくすぶっていて、それが上咽頭を上炎するために炎症を起こします。加齢で起こることも多く、西洋医学的には治療が困難な場合も。

代表処方・・・麦門冬湯

毎月40度の発熱!肺陰虚で抵抗力が低下

 

4、腎陰虚損:黄白色の痰で粘っこいが量は多くない、口が渇くが多くは飲まない、喉の灼熱感や不快感がある場合も。全身では、くらくらする、かすみ目、耳鳴り、不眠、腰や膝がだるいなどの症状を伴うこともある。

腎(老化を主るところ)の水分が不足したために火を制御できなくなり、上咽頭にくすぶった火が上炎すると、粘膜が損傷し、痰を生じます。加齢で起こることも多く、西洋医学的には治療が困難といわれることも。

代表処方・・・知柏地黄丸

膀胱炎と耳鳴りの原因は同じ? 

 

※関連記事

 後鼻漏(こうびろう)には体質改善!

アレルギー性鼻炎と漢方

介護、孫の世話でストレスが溜まり体調不良

2016.12.09 ~若く見える人は運がいい~

口ぐせ博士の佐藤富男さんをご存知でしょうか?

その方のおっしゃるには、『若く見える人は運がいい』・・・つまり逆を言うと『運がいい人は若く見える』そうです。

(これは童顔とは少し意味が違うそうですよ)

同じように成功しても運を味方にせず、がむしゃらに努力だけでやってきた人は老けて見えるそうですが、

運も味方にして成功した人は年より若く見えるそうです。

人間はだいたい35歳半ばから生き方で二極化していきます。

「未来のことを考えて生きる人」と「過ぎ去ったことを考えて生きる人」

この2者では、その後の人生が全く変わってしまうそうです。

みなさんはどちらのタイプでしょうか?

運も味方につける!とよく言われますが、未来(前)を見ていないとこちらに向ってくる運にも気づかないのかもしれませんよね。

今やっていることが未来に繋がる生き方をして楽天的な考え方をすると海馬がイキイキとして、人は20才も若く生きられるそうです。

刺激的なことをやって脳細胞ではなくシナプスが増えるようにするのが良いそうです。

ちなみにお酒を飲むと1日で脳細胞が2万個減ります。お酒を飲まれる方は気をつけてくださいね!

脳はだまされやすく思いを言葉にするとその通りになるそうなので、ただ思っているだけでなく、言葉に出すことで10倍思いは強くなるようです。

そのためには、いい口ぐせが大事なようです。

皆さんもご存知のように「言霊」という考えがあります。

言葉には霊が宿り良いことも悪いことも言ったことが、その通りになります。どんどん人を褒めれば自分がその言葉どおりにどんどん良くなっていきます。

すべては自分のため・・・言葉の力で脳が変わっていく。

脳の若返りに、自分も周りの人たちもどんどん「褒める」、私も意識してやってみようと思います。

 

平野 中村

2016.12.04 伝統に触れ合う

みなさん、こんにちは!

 

先日、母とランチに行ったお店でかわいいコースターを見つけました♪

それがコレ↓です!

遠州紬2

「遠州紬」のコースターです!!

「遠州紬」というのは、江戸時代から織り始められた織り物で、

浜松繊維デザインのルーツと呼ばれる織物で、

日本の四季から生まれた温かみのある日本色とやわらかな質感が特徴です。

 

布に温かい風合いが出るよう、ネップ糸・リング糸などを使用した、

ざっくり調のやわらかな布地グループは、

〈伝・遠州縞〉〈縞紬〉〈無地紬〉〈絣(かすり)紬〉〈なないろ紬〉の

5種類があります。

【ネットから引用】

 

お店用のコースターが足りなくて探している時に見つけたので、

「コレだっ!!」と思い、他のスタッフにも相談して買いました♪

さっそく使ってみるとより落ち着いた、ホッとする感じです(^^)

↓     ↓      ↓      ↓

お茶と遠州紬

写真以外にもいくつか種類があったので今度は自宅用に買おうと思います!

 

今月からこの「遠州紬」とお客様のご来店をお待ちしています♪

インフルエンザや風邪が流行っています。

体調管理に気をつけてお過ごしくださいね!