河端孝幸の読む漢方

夏バテと熱中症

夏バテの原因①温度差

いよいよ8月ですね。福岡はもちろん、東京や大阪の大都市圏からの帰省で、久しぶりにお孫さんやお子さんと会い、家族だんらんを楽しむ方も多いのではないでしょうか?楽しい思い出を作られますように、心から祈っております。
さて、夏は夏バテと熱中症対策ですね。夏バテがなぜ起こるかというと、一つは温度差です。外の気温は四〇度近くにもなりやすく、部屋の中は二六度。この温度差により自律神経が乱れるという事があります。特に外気と室温の温度差が十二度を超えると自律神経が大きく乱れやすくなり、だるさが出てきやすくなると言われております。

夏バテの原因②胃腸をいためる習慣

もう一つの原因は、胃腸をいためる習慣です。夏バテと熱中症と関わりが深い臓器は胃腸です。ですから胃腸の調子の悪化から起こることが最も多いです。漢方的には、消化器系統の総称を「脾(ひ)」と呼び、この脾が一番嫌うのが、水分です。したがって、暑くて水分をガブガブ飲み過ぎると、消化器系統に水分が溜まってしまい、脾をいためつけることとなります。結果として、胃の動きが鈍くなり、胃もたれがしたり、食欲がなくなってしまいます。そして十分な栄養が取れなくなり、栄養が体の隅々まで行き渡らず、だるさの原因になります。夏は冷麦や素麺のような冷たい麺類はたべられるけれど、その他のものは食がすすまなくなるという方も少なくないと思いますが、それが脾のエネルギー不足である脾気虚の予兆でもありますね。

正反対の事をやる

では、どうすることがよいかというと、その脾をいためた習慣の正反対の事をやる事です。夏は暑く熱中症にもなりやすいため、小まめな水分補給はかかせませんが、第一にがぶ飲みは避けて、脾の気を元気にすることです。脾の気を元気にする漢方処方は、「補中益気湯」「六君子湯」「化食養脾湯」「香砂養胃湯」などがあります。

熱中症とは

次に熱中症についてですが、熱中症は漢方的には、暑邪(ショジャ)によって起こり、署邪とは「暑さが悪さをする事」と考えていただければよろしいです。熱中症の事を中暑(チュウショ)と言います。この中は、食中毒の中と同じで、暑さに中(アタ)った疾患という意味で、暑気あたりのことです。身体の水分や血液、特に水分が少なくなることで体温を下げる働きが低下し、熱を帯びている状態と考えます。その他の症状として、熱感や手足のほてり、口渇などの他に、肌にも表れかさつきや痒みも出てきます。さらに、微熱が続いたり、動悸や生あくびや吐き気が起こりやすくなります。

熱中症には清暑益気湯

この熱中症予防のための漢方薬も揃っており、その中でも「清暑益気湯」という漢方が有名です。もちろん小まめな水分補給と塩分の補給が大切であることはご存知の方が多いと思います。散歩でも同じですのでお気をつけ下さい。もっと手軽にとお考えの方は、塩抹茶飴がオススメです。
いずれにしても、夏を思いっきり楽しんでください。